留学したら英語できるようになる?それは勘違いです。英語力を伸ばしたければ動きましょう

ちーや
英語力伸ばしたいな。留学したら英語力って伸びるのかな?留学のリアルと英語力の上達具合が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 留学したら英語できるようになる?
  • 留学するだけでは英語ができるようにならない理由
  • 留学先で英語ができるようになる人の特徴
  • 英語ができるようになるためには?
  • 留学で英語ができるようになる7つのステップ
  • 留学前準備は英語力を伸ばす上で超大切!
  • 留学後、僕の英語力はどうなったか

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初は思ったように英語力が伸びず、すごく悩みました。

留学したら英語力伸びるのか気になりますよね!「英語伸びなかったらどうしよう…」と考えてしまいますよね!そんな人は、ぜひ見てください!

留学したら英語できるようになる?それは勘違いです。

少しだけ、あなたが高校生だった時のことを考えてみてください。毎日学校へ通い、6時間以上授業を受け、真面目にノートを取って勉強した日々のこと。

果たして、学校に行くだけで、あなたの成績はどれほど伸びたでしょうか?

おそらくほとんどの人が「学校の授業だけでは成績が伸びない」ことを身をもって体験しているはずです。

「留学したら英語ができるようになる」は、言い換えれば、「ラグビー部は全員マッチョである」と言っているようなものだし、「学校に行けばみんな成績優秀」と同じ表現です。

留学するだけでは英語力は伸びてはいかないし、受け身のままでは得るものは少なくなってしまいます。

留学先でどのように行動するのか、いかに勉強を継続できるのかが英語力を伸ばす鍵になるのです。

ちーや
何年海外に住んでても聞けない・話せない人はたくさんいるから、やっぱり英語力は触れる頻度と使う回数だね!

留学するだけでは英語ができるようにならない3つの理由

留学するだけでは英語力が伸びていかない理由は主に3つあります。

留学するだけでは英語力は伸びない理由
  1. 使わなければ英語力は伸びていかない
  2. 英語で英語を理解しなければならない
  3. 英語を使わなくても生きてはいける

1に関しては脳科学的に証明されていて、使わなければ英語はできるようにはなりません(詳細後述)。

そして2に関しても、英語力を伸ばすためにはある程度「英語を英語で理解する」ことが必要で、それは英語を使い倒すことが絶対条件になります。

ただ留学するだけで英語を使わなければ英語力は伸びない

受け身の姿勢でいても英語力は伸びない

能動的に動かなければならない

この流れになるので、ただ留学するだけでなく、自分から積極的に動いて英語を使う環境に自分を置く必要があるのです。

そして最も気をつけなければならないのは、「英語を使わなくても生きていける」という事実。

留学先には多くの日本食レストラン(ジャパレス)があり、そこでは日本人が多く働いているので基本英語を使わなくてもお金を稼ぐことができます。

収入が安定するとそこを動くモチベーションが減り、家と仕事の往復になることも多いため、結果として、日本にいる時と変わらない生活になることも少なくありません。

日本語ばかり使っていたら必然的に英語力は伸びてはいかないし、日本での生活と何も変わらなくなってしまうのです。

しかし、勘違いしてほしくないのは、「日本人と関わっていけない」というわけではない、ということ。

日本人の中には長期で滞在している人もいて、ネイティヴとの繋がりを持っている人もたくさんいます。

現地の人しか知らないことや有益な情報を教えてくれることもあるし、留学であなたを心から支えてくれるのは、同郷出身である、日本人です。

要はバランスなので、英語を使う環境にドンドン飛び込みつつ、日本人との繋がりも大切にすることが大切なのだと思います!

留学先で英語ができるようになる人の9つの特徴

留学で英語力を爆伸びさせる人はいるもので、以下9つの特徴があります。

留学で英語力が伸びる人の特徴
  1. 単語・文法の基礎が出来上がっている
  2. 英語の音を正しく聞き取れる
  3. 英語で英語を理解している
  4. 英語に継続的に触れ、積極的に使っている
  5. 同じ英文・教材でトレーニングしている
  6. 日本語能力が高い
  7. 英語の先に目的がある
  8. 自分の興味関心のあることを英語で勉強している
  9. 間違うこと=恥じだと思っている

ただ留学すれば伸びるというわけではなく、英語力が伸びる土台や条件が整っていることが多いのです。

ちーや
留学先で英語力が上達しない人の特徴に関しては、下の記事に詳しくまとめているよ!

留学で英語ができるようになるためには?

少しだけ下の図を見てください。

(出典:National Training Labaratory)

これは「学習ピラミッド」と呼ばれるもので、どのような勉強をした時に学習効率が高いのかを示した図です。

注目すべきは点線の上と下の部分。

見たり聞いたりなどのインプット学習よりも、実際に使ったり人に教えるアウトプット学習の方が圧倒的に学習効率は高いことがわかります。

英語の「聞き流し」教材が近年流行っているし取り組む際のハードルが低いのでどうしてもそっちの学習へ流れていってしまいがちですが、この図の通り、聞き流すだけでは英語力は身についてはいかないのです。

「英語が使えるようになるためには、実際に使わなければならない」

読んだり聞いたりするだけでなく、実際に使っただけ英語力は伸びていくのです!

ちーや
英語のシャワーを浴び放題、使い放題というのが留学で英語を学ぶメリット!英語を使い倒してグングン英語力を伸ばしてね!

留学で英語ができるようになる7つのステップ

僕が留学中にやっていた学習は以下7つです。

英語力を伸ばす7つのステップ
  1. 英単語を必要性と興味のあるものから覚える
  2. ワカラナイ単語をGoogleの画像検索にかける
  3. 音読と録音を繰り返す
  4. シャドーイングを徹底的にこなす
  5. 留学先でバイトする
  6. 日記アウトプットする
  7. 英語表現をまとめておく

人それぞれに合った学習法があると言われていますが、「学習の根本」なるものはあると思っていて、いわゆる「王道」と呼ばれるもの。

それが上記7つのステップです。

英語力が高い人は学習法は違っても、これと同じようなことを行なっていて、学習の「本質」は変わりません。

伸びていきやすいから、王道なのです!

これから英語の勉強を始める人、勉強のやり方がわからない人は、この順番でぜひやってみてください!

ちーや
シャドーイングの方法や日記アウトプットなど、留学先で英語力を伸ばす具体的な勉強法に関しては下の記事にまとめてあるから、合わせてチェックしてみてね!

留学前準備は英語力を伸ばす上で超大切!

留学に行ってからのことをどうしても考えてしまいますが、大切なのは、留学前の準備。

留学前にしっかりと準備しておくメリットは主に3つあります。

留学前準備3つのメリット
  1. 留学先で英語力が伸びやすくなる
  2. 留学中に得られるもの(人脈や知識)
  3. 留学費用を抑えられる

日本でできることはたくさんあるし、ある程度英語力の土台を整えておくことで、留学先で爆発的に伸びる可能性があります。

英語がある程度できるようになると友達はできやすくなり、英語で学べることも多くなりますよね。

そして語学学校に通わなければならない期間も短くなるので、費用も抑えることができるようになります。

留学前の準備を徹底すると、留学がより有意義になるのです!

ちーや
留学前の準備に関しては下の記事に詳しくまとめてあるから、これから留学予定の人はぜひ参考にしてみてね!

留学後、僕の英語力はどうなったか

僕は留学当初、自分の英語力にすごく自信がなくてホストマザーとまともに会話することもできませんでしたが、上記の勉強法で英語を使い倒し、このレベルにまで英語力は向上しました。

留学して半年後にはオーストラリアのトップスクールと言われるメルボルン大学に進学。無事に卒業することができました。

ただ留学するだけでは英語力は伸びませんが、留学そのものを諦める必要はないのです!

ちーや
英語力ゼロから留学を目指せる理由については下の記事に詳しくまとめてあるから、ぜひチェックしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 12 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)