映画で英語を勉強するなら英語字幕は必須!?英語字幕を使うべき理由と5つの学習ステップ

ちーや
映画で英語を勉強したいな。でも英語の字幕ってつけるべきなのかな?字幕をつけるべき理由と具体的な勉強法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 映画で英語を勉強するなら英語字幕が必須な理由
  • 映画で英語を勉強する3つのメリット
  • 映画で英語を勉強する5つのステップ
  • 【レベル別】英語を勉強する時におすすめの映画・ドラマ3選
  • 映画で英語を勉強するならNetflixがおすすめな理由

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初は思ったように英語力が伸びず、すごく苦労しました。

映画を英語学習に使うと英語の勉強が「つらい…」から「楽しい!」に変わっていきます。この記事では英語字幕が映画を使った英語学習に必要な理由と具体的な学習方法について、1つ1つ掘り下げていきます!

英語ペラペラになりたいと思い始めた時の僕の英語力

この動画は僕が英語初心者だった時の英語力とその1年後を比較したものですが、見て頂ければお分かりの通り、当初の僕の英語力は本当に壊滅的でした。

※「今の自分これ以上やばいです!」って人いたら、ぜひコメントください(切実)

英語初心者だった時の僕
  1. 何回見ても同じ単語が覚えられない
  2. 文法の意味が理解できない
  3. リスニングで一箇所詰まると後は全て聞き取れない
  4. 言いたいことはあるのに言葉が全く出てこない

この壊滅的な英語力で留学した半年後、僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学。無事、卒業することができました。

スタート地点は人それぞれだと思いますが「この状態からでも英語を話せるようになるんだ!」と希望を持てると思うので、ぜひ見てみてください!

ちーや
当時の英語力、本当にヤバかったな…(笑)

映画で英語を勉強するなら英語字幕が必須な理由

映画で英語を勉強する際、流れてくる音声はネイティヴが使用する「自然な英語」です。この中には省略されているものが含まれていたり、音の繋がりで聞き取りづらくなっているものたくさんあります。

例えば、日本語でも「あの話ってどうなってんの?」という時、「あの話はどうなっているの?」が正解ですが、それが省略され、音の繋がりで異なるものになっています。これって英語でも結構あって「知らぬ間に聞き逃していた…」なんてこともふつうにあります。

英語の字幕を使うことでどのような英語が使われているのかを一発で確認でき、自然な英語を英語のまま理解することができます。英語の字幕を使わなければ「自分なりの英語」が出来上がってしまうことがあるので、映画で英語を勉強する際は、必ず使う必要があるのです!

映画で英語を勉強する3つのメリット

「〜英語勉強におすすめの映画6選と学習法〜」(https://chiya-eng.com/2019/05/04/eng-study-movie/)でも詳しく解説していますが。映画で英語を勉強するメリットは主に3つあります。

映画で勉強するメリット
  • 自然な英語表現が身につく
  • 使える英単語を覚えられる
  • リスニング力・スピーキング力が上達する

どんな映画を選ぶのかにもよりますが、日常的なものに重点を置いた映画であれば生活の中で使用する自然な英語フレーズが頻繁に登場するので、違和感のない英語表現を身に付けることができます。

また、日常会話の中で使用する単語はある程度決まっていると言われていて、映画を見続けることで実際に使用される英単語を覚えることができます。実際僕は受験で必死に何冊もの単語帳を使い英単語を覚えましたが、受験で覚えた単語は留学ではほとんど使っていません。映画で実際に使う英単語だけを覚えた方が圧倒的に効率が良いのです。

さらに、映画で英語を勉強すると、リスニングだけでなく、スピーキング力も同時に伸びていきます。リスニング(音の聞き取る)を手っ取り早く上達させるにはシャドウイングが一番効果的だと言われていて、シャドウイングを何度も繰り返すことで英語の音と同様に英語のフレーズも脳内に刷り込むことができるので、意識しなくても自然と言葉に出るようになります。

[
ちーや
映画で英語を勉強することがなかったら、海外大でネイティヴの中に混じって議論するなんてできなかっただろうなぁ…。

映画で英語を勉強する5つのステップ

ここでは映画を使った英語の学習法について、具体的に掘り下げていきます!

映画で英語を勉強するステップ1:必ず興味のある映画を選ぶ

映画は1つ1つがすごく長いので、自分が好きなものや興味のあるものでなければ確実に挫折します。

僕も以前、「映画で英語力爆伸びさせるぜ!」と意気込んで「SUITS」を観たのですが、内容が法律系で全く興味が持てず、即座に挫折しました。泣

レビューで評価の高いものや人気のものよりも、自分が興味のあるものを優先するとストレスなく英語を勉強できるので、映画を選ぶ時は「好きなもの」に軸を置くようにしてください!

映画で英語を勉強するステップ2:日本語字幕or吹き替えで観る

自分の好きな映画を選んだら、まずは日本語字幕、または日本語吹き替え版で内容を掴んでください。英語上級者(TOEIC900点以上)の人でもいきなり英語音声・英語字幕で見ても内容を理解できる人はそこまで多くはなく、初心者であれば確実に挫折します(僕は完全敗北しました泣)。

いきなり全てをわかる必要はありません。少しずつ理解できるようになれば良いので、まずは日本語字幕・日本語吹き替えで内容を理解しましょう!

映画で英語を勉強するステップ3:英語音声・英語字幕で観る

日本語で映画を観たら、いよいよ英語音声・英語字幕を使った学習ステップに移行します。

この際、わからないポイントがあってもそのまま見続けることがポイントで、「あれ、俺意外とわかるんじゃね?www」という感覚をつかむことがすごく大切です。

一度日本語で見ているので、大まかな内容を外すことはおそらくほとんどないと思います。

ちーや
「ワカル!」という感覚を掴むと英語学習へのモチベーションが上がるからぜひやってみてね!

映画で英語を勉強するステップ4:聞き取れない部分をチェックする

ここからはいよいよ実践編に入っていきます!まずは英語音声を流し、聞き取れない部分をチェックしていきましょう!

〜英語の音を聞き取る3つのステップ〜」でも具体的にお伝えしていますが、自分が聞き取れない音って基本的に同じなんですよね。例えば、メルボルンの駅では電車が到着する時に「The next service depart from platform 5 will be〜」というアナウンスが流れるのですが、僕は「Depart」の「De」が聞き取れず、感覚的には「Platform platform 5 will be〜」のように聞こえていました。

脳に「この音は英語なんだよ」と一度認識させてあげると、その後は自然に聞こえるようになるので、まずは「どの音が聞き取れていないのか」ということを理解する必要があるのです。

ちーや
何がわからないのかわからないのが、一番問題なんだよね!

映画で英語を勉強するステップ5:聞き取れない部分だけをシャドウイング

最後に、全項目でチェックした部分だけをシャドウイングして脳に英語の音を刷り込んでいきます。

「口に出して話せることは、実際に聞くことができる」と言われているので、シャドウイングを何度も繰り返してネイティヴの真似をすることで英語を自分の口で発声していくので、実際に聞き取れるようになっていきます。

英語の字幕を見なくても暗唱できるまで行うと、以下3つのことが起きます。

  1. 発音がすごく綺麗になる
  2. 英語が自然と口から出るようになる
  3. リスニング力が圧倒的に飛躍する

シャドウイングを徹底的にやり込むことで、実践的な英語力を身に付けることができるようになるのです!

ちーや
シャドウイングの具体的な学習効果と注意点に関しては、下の記事にまとめているから、合わせて参考にしてみてね!

【次ページ:英語力が飛躍するオススメ映画TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)