【海外大生直伝】英語力が爆伸びするシャドーイングの超効果的なやり方!

ちーや
シャドーイングで英語勉強しようかな。でも本当に効果ってあるのかな?シャドーイングの学習効果と具体的なやり方が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • シャドーイングとは?
  • シャドーイングが英語にもたらす7つの効果
  • シャドーイングの超効果的なやり方
  • シャドーイングする時の3つのコツ
  • シャドーイングにオススメの3つの教材
  • シャドーイングする時の4つの注意点

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初は思うように英語力が伸びず、すごく悩みました。

シャドーイングは英語力が飛躍的に伸びる学習法で有名ですが、実際に効果があるのか不安ですよね!どのように学習を進めていけば良いのかわかりませんよね!そんな人は、ぜひ見てください!

シャドーイングとは?

シャドーイングとは?

リスニング話者が発音している通りにその英文を復唱すること

ちーや
例えば「This is the apple that my friend gave me yesterday」と話者が言っていたとしたら、その英文の後を追いながら、できる限り真似してスピーキングしていくことだよ!

シャドウイングが英語学習にもたらす7つの効果

ここではシャドーイングが英語力上達にもたらす7つの学習効果について詳しく掘り下げていきます!

ちーや
シャドーイングはメリットしかないから、徹底的にやり込むと英語力をグッと底上げできるよ!

シャドーイングの学習効果1:リスニング力が圧倒的に伸びる

シャドーイングを行うと、真っ先にリスニング能力が圧倒的に上達します。

シャドーイングは実際にネイティヴの発音を聞いて真似ていく練習ですが、人は自分の口で発音できることは実際に聞き取れるので、結果としてリスニングが伸びていくのです。

日常の会話の中では多少音が聞き取れていなくても雰囲気や会話の流れから相手が何を言っているのかある程度予測できますが、聞き取れない音が連続した途端に「ワカラナイ…」という状況になることは多々あります。例えば、日本語であっても省略音を使うことはたくさんありますよね。英語でも同じように、会話の中で変化が多くそれが原因で聞き取れていないことが多々あるのです。

日本語の場合

・それはないだろ→それはねーだろ

・何だった?→何だっけ?

英語(オーストラリア)の場合

How are you doing? → Hey ya do en?

How would you like? → How ju like?

ちーや
省略された音やリンキングは英語の会話の中では日常茶飯事に使われるから、そこが聞けるようになるとリスニング力は圧倒的に伸びるよ!下の動画は省略された音やリンキングが顕著にわかるから、腕試しに聞いてみてね!

シャドーイングの学習効果2:スピーキングが飛躍的に上達する

シャドーイングは英語を耳で聞き、自分の口で英語を話すので、結果として、リスニングと同時にスピーキングも伸ばすことができます。

シャドーイングすると脳内では聴覚分野と伝達分野(スピーキングをする際に超重要な分野)を刺激することができるので、「考えながら話す力」が身についていきます。英語を英語で理解する能力が向上する中で何を話せば良いのかを考える余裕がでてくるので、英語の総合力そのものを底上げにも繋がります。

シャドーイングで徹底的に英語を脳に擦り込むと、英語が英語のままワカルようになり、意識しなくても英語がスラスラ口から出てくるようになるからです。

僕は映画やドラマを使ってシャドーイングを繰り返し行い、リスニングとスピーキングを爆伸びさせました。留学当初にシャドーイングしていなかったら海外大で英語で授業を聞き、ネイティヴに混じって議論する、なんてことはきっとできなかったと思います。

ちーや
リスニング、スピーキングにおいて、シャドウイングは最も学習効果の高い勉強法だと言われてるよ!

シャドーイングの学習効果3:リーディングスピードが飛躍する

シャドーイングは「英語」を「英語」として刷り込む訓練なので、自ずとリーディングスピードも同時に上達します。

特に英文の流れや単語・表現の使い方、文法の使用法など、シャドーイングを行うことで意識しなくても使えるようになるので、言ってしまえば、シャドーイングはネイティヴと同じスピードで読んでいく練習でもあります。

英語を読む時に日本語の解釈が入らないので理解が早くなるし、英語を英語で理解していくので、速読スピードが圧倒的に早くなるのです!

海外大では毎日膨大なリーディングの課題が出され、留学当初は「一晩かかっても読み終わらない…」みたいなことも結構多かったのですが、シャドーイングで英語を英語で理解できるようになってからはリーディングスピードが飛躍し、「リーディングが間に合わない」ということはほぼなくなりました。

→写真

ちーや
シャドーイングと並行してスラッシュリーディングするとリーディングスピードが伸びやすくなるよ!スラッシュリーディングについては下の記事にまとめてるから、合わせてチェックしてみてね!

シャドーイングの学習効果4:発音が綺麗になり英語が伝わるようになる

シャドーイングは話者の発音を真似しながら何度も復唱するので、自然と発音が良くなります。

英語を勉強するとどうしても日本語のまま英語を勉強しようとしてしまうのでカタカナ英語になりやすく、その影響でリスニングが伸びなかったりしますが、それは日本語を元に考える癖がついてしまっているので、自然と音やイントネーションの軸が日本語に置かれてしまうからです。

その点、シャドーイングはネイティヴの発音を真似てそのまま自分のものにする練習なので、発音矯正においては最強の学習法なのです!

ちーや
発音を独学で矯正する方法に関しては下の記事にまとめてあるよ!

シャドーイングの学習効果5:英語のイントネーションやアクセントがネイティヴに近付く

シャドーイングを繰り返し行うとネイティヴのイントネーションやアクセントを身に付けることができます。

単語1つ1つのアクセントの位置や、文全体のイントネーションなど、英語を話す時に必要な流れが感覚的に掴めるようになるからです。

ちーや
アクセントは単語を発音する時の強弱、イントネーションは英文全体としての強弱のことだよ!

例えば、以下の例文。強く読むのは赤の部分だけです。

  • When researchers gave participants a task, it took them really long time because it was new and they were horrible.

日本語だと全て平坦に読みますが、英語では重要な部分でしか強く読みません。

ちーや
実際赤の部分だけ聞けば意味わかっちゃうもんね!

英文の中で大切な部分だけを強く発音すると頭でわかっていてもいざ実践するとなるとめちゃめちゃ難しいのですが、シャドーイングはネイティヴの発音をそのまま真似るので、英語特有のイントネーションやアクセントが自然と身についていくのです!

シャドーイングの学習効果6:使える英単語や英語の表現の幅が広がる

僕らが日常的に使っている日本語は、実はそのほとんどが同じ言葉、単語、表現であると言われています。それは英語でも同様で、日常の中で使用される英単語や表現はほぼ同じなのです。

しかし、英語を学び始めたばかりの頃は、思っていることや考えていることが言葉として出てきません。例え、話したいことや言いたいことが頭の中にあったとしても、それを単語や表現として英語にできないのです。

その原因は、圧倒的なアウトプット不足。

ウサインボルトから走り方を教わってもいきなり超高速走ができるようになるわけではなく、実際に走る練習を積み重ねる必要があるように、英語においても、話したければ、話すしかないのです。

ちーや
英語を使えるようになるためには、実際に使わなきゃいけないんだね!

そして圧倒的アウトプット不足を後押しするのが、シャドーイングです。

シャドーイングは耳から入った英語をそのまま真似し、ネイティヴの使う単語や表現を実際に使うことになるので、結果として、実践的な英語力が身につくのです。

まずは、下の動画の2分20秒あたりのセリフ、聞き取れるでしょうか?

プレゼンターのJosh Kaufmanは

  • fiddling around and learning through trial and error

という表現を使っていますよね。

「through trial and error」という表現は「試行錯誤を繰り返しながら」という意味で、日常会話では頻繁に使われる表現ですが、「Learning」という言葉と混ざると「through trial and error」は別のものに聞こえると思います。

教科書で覚えた表現は「読んだら分かる・見たら分かる」状態だったとしても、実際に聞くと「ナニコレ?」と思うことが多く、特に会話の中では随時流れては消える「耳から入る英語」だけで英語を理解しなければならないので、かなり高い聞き取りレベルが求められます。

ちーや
シャドーイングを行うと会話のテンプレートやパターンを頭の中に擦り込めるから、意識しなくてもスラスラ英語が口から出てくるようになるよ!

シャドーイングの学習効果7:ライティング力が爆発的に伸びる

また、シャドーイングを行うとライティングも同時に伸びていきます!

ライティングはスピーキング同様アウトプットの1つで、頭の中にある情報を外に出す行為。スピーキングとして口から情報を出すのか、手を動かして書きながら外に出すのかの違いなだけで、「英語で考え、情報を外に出す行為」に変わりはありません。

ちーや
話せることは実際に書けるから、ライティングはスピーキングの副産物なんだよね!

シャドーイングを行うと単語や表現、文法などを意識することなく使えるようになるので、結果としてライティングスピードが爆伸びします。

「書く」行為はすごく疲れますが、シャドーイングは短時間で何度もアウトプットできて効率的なので、ライティング力を伸ばしたい人はぜひ試してみてください!

英語力を伸ばすシャドーイングのやり方と4つの学習ステップ

ここではシャドーイングの効果的な4つの学習ステップをご紹介します!初心者でも気軽にできるように丁寧に解説していきます!

ちーや
やり方がわからない人は、順番に実践してみてね!

シャドーイングのやり方1:音声なしでテキストをリーディングする

まずは英文を音声なしで読んでみてください。

シャドーイングをする目的は、英語を自分のものにし実際に使えるようにすること。

なので英文を実際に精読して、しっかりと内容を理解した上で行った方が学習効果が高くなるのです。

ちーや
このステップを飛ばしてしまうと理解していないものを脳に擦り込むことになるから、実際の場面で使えない可能性があるよ! 

自分のペースで良いので、英文の内容を理解できるまでじっくり読んでください!

リスニング力を伸ばすことが目的だったとしても、英文の内容を理解している方が学習効果は高くなるので、しっかりと読み込んでください!

シャドーイングのやり方2:英語音声でリスニングする

英文をじっくり読んで内容を理解したら、次は英語音声を聞いてみましょう!この時点でシャドーイングする必要はまだありません!

まずは音声を聞いて英語が「ワカル」感覚を掴むことが大切!

最初の「音声なしでテキストを読む」ステップで英文を徹底的に読み込んでいるとある程度リスニングできると思うので、音声を聞いてネイティブのイントネーションやアクセントに耳を慣らしていきましょう!

ちーや
英語の音声を聞く目安は3回。一通り聴き終えたら次のステップに移ってね!

シャドーイングのやり方3:テキストを見ながら英語音声をシャドーイング

英語音声を3回聴き終えたら、実際にシャドーイングしていきます!ここからはアウトプットのステップになります!

ちーや
最初は発音やイントネーションや、アクセントはめちゃくちゃだと思うけど、まずは音声についていくことだけに集中してね!

特にイントネーションに関しては意識していきなりできるものではないので、30回くらいシャドーイングを繰り返して慣れる方が圧倒的に楽だと思います!

シャドーイングのやり方4:テキストを見ずに英語音声をシャドーイング

30回ほどシャドーイングが終わったら、最後はテキストを見ずにシャドーイングしていきます。

慣れないうちはすごく難しくて時間もかかりますが、ここまでくると音声だけでシャドーイングができるようになるので、バスや電車の通学・通勤時間を使って「ながらシャドーイング」ができるようになります。

ちーや
詳しくは後述するけど、ステップ4まで徹底的にやり込んだ英文が多いほど、いつでも・どこでもできる学習が増えるから、学習効率が圧倒的に高くなるよ!

シャドーイングする時の3つのコツ

ここではシャドーイングを行う時の3つのコツについて詳しく解説していきます!

シャドーイングをする時のコツ1:アクセントを1つに絞る

「英語」と一言でいっても、アメリカやイギリス、そしてオーストラリアなど、その幅はかなり広いので、いろんなアクセントを手広くシャドーイングしてしまうと英語のイントネーションやアクセントが身に付きにくくなってしまいます。

留学先や駐在先が決まっている人は、まず自分がどのアクセントでシャドーイングするのかを決めてください!

オススメなのは、映画やドラマの登場人物を真似ること。

ちーや
僕はヒュー・ジャックマンが好きだったので、彼の英語を徹底的に真似してたよ!
俳優でシャドーイングするメリット
  1. 英語の発音が綺麗
  2. 実際の場面で使える英語が多い
ちーや
好きな俳優ならモチベもすごく上がるし楽しいからおすすめだよ!

シャドーイングをする時のコツ2:ながらシャドーイングで隙間時間を有効活用する

シャドーイングのやり方は前述の通り、4ステップです。

シャドーイングのやり方
  1. 音声なしでテキストをリーディング
  2. 英語音声でリスニング
  3. テキストを見てシャドーイング
  4. テキストを見ずにシャドーイング

ステップ4までやり込むと音声なしでもシャドーイングできるので、時間も場所も関係なく勉強することができます。

  • 通学
  • 洗濯
  • 掃除
  • 散歩
  • カフェ
  • お風呂
  • 筋トレ
  • ランニング

 

こんな場面でも勉強することができるようになります。

ちーや
シャドーイングを徹底すればするほど、学習効率は上がっていくんだね!

シャドーイングをする時のコツ3:間隔をあけて復習する

ステップ4まで徹底的にやり込んだ英文は使えるようになりますが、それが可能なのは1日だけです(短かwww)。

例えば、以下の図を見てください。

この図は「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれるものですが、1日経つと覚えたことの半分以上を忘れてしまうのです。

シャドーイングをする目的は、英語を自分のものにし実際に使えるようにすること。

1日後には大半のことを忘れてしまうので、実際の場面で半永久的に使えるようになるためには、間隔をあけて復習する必要があるのです。

徹底的にシャドーイングしたら次の日に復習。1回復習したら、2日後に復習。その3日後に復習。といった具合に、ドンドン間隔を空けながら長期記憶の方に使える英文を蓄えていってください!

ちーや
復習すればするほどシャドーイングにかかる時間も少なくなるから、かなり楽になっていくよ!

シャドーイングにオススメの3つの教材

ここでは僕が実施に使っていたシャドーイングに超オススメの教材を3つご紹介します!

シャドーイングおすすめ教材1:英会話・ぜったい音読(入門編)

音読を練習する際の超鉄板の参考書ですがシャドーイングにもすごく効果的な教材で、同時通訳の神様と呼ばれている「國弘正雄氏」が手がけた音読の入門編です。

この参考書で徹底的にシャドーイングすると中学レベルの英語を使いこなせるようになります。スピーキングをゼロから鍛え上げたい人にすごくオススメです!

シャドーイングおすすめ教材2:速読英単語

高校受験では最早必須と言っても良い単語帳ですが、シャドーイング練習にも超使えます。すごく簡単な単語が使用されているのでストレスなくシャドーイングでき、1つ1つの英文が短いので短時間でシャドーイングできます。

電車やバスの通学時間、洗濯の合間や散歩をしながら等、ちょっとした隙間時間でできるので、留学してからも電車の中でこの単語帳でずっと使ってました!

ちーや
英会話・ぜったい音読(入門編)よりは少し難易度が高いから、中学生レベルはマスターできたよ!という人にすごくオススメだよ!

音読おすすめ教材3:音読パッケージ

そして、最もオススメしたいのが、この「音読パッケージ」です。

英語教材を30冊ほどこなしてきた僕ですが、シャドーイング教材で一番効果のある参考書だと思っています!

音読パッケージをオススメする理由は3つあります。

音読パッケージがオススメの理由
  1. 飽きにくいので続けやすい
  2. 音読以外の効果が得られる
  3. 英文が超簡単、且つ実用的

「音読」と言っても、「先行リスニング」や「リピーティング」など、その学習法は様々でどれを試したら良いのかわからなくなるのですが、音読パッケージはそれが簡潔にまとめられています。それら複数メソッドを組み合わせているので、飽きずらく、シンプルにまとめられているので続けやすい構成になっています。

また、リピーティングやシャドーイングなど、異なる切り口から学習ができるようになっているので、スピーキングだけでなく、リーディングやリスニング、そしてライティング能力もバランス良く伸ばすことができるようになっています。

そして、使用されている英文が超簡単で実用的なので、この参考書を使用していく中で実践的な英語能力を身に付けることができます。「◯周目は◯回音読する」と、音読する回数もしてしてあるので、一種のガイドラインにそるだけで英語力が伸びていくのです。

ちーや
控えめに言っても、すごくオススメの教材だから一度試してみてね!

シャドウイングの効果を高めるために必要な4つのこと

非常に学習効果の高いシャドウイングですが、以下4つのことに注意する必要があります。

シャドウイング4つの注意点
  1. 単語や文法等「全てがワカル」英文を使用する
  2. 同じ英文を使用すること
  3. 簡単で短い英文を使用する
  4. 暗唱できるまでシャドウイングすること

1つずつ解説していきます!

シャドーイングする時の注意点1:単語や文法等「全てがワカル」英文を使用する

誰しも経験があると思いますが、シャドウイングをしていて単語や文法に躓くと英文の意味が取れなくなります。シャドウイングは英語を英語のまま理解することなので、英語の意味を取ることが目的です。単語や文法にワカラナイ部分があるとシャドウイングの効果は薄れてしまうので、構文を分解し、単語や文法の全てがワカル英文を使用するようにしてください!

シャドーイングする時の注意点2:同じ英文を使用すること

何度も同じ英文をシャドウイングしていると次第に飽きてきます。新しい英文や内容に浮気したくなる気持ちが沸々と湧き上がってくるのですが、シャドウイングは同じ英文であればあるほど効果を発揮します。英語を理解するためには脳内の聴覚分野と理解分野に英語専用のレールを敷く必要がありましたが、同じ英文を使用することでそのレールが強く、且つ太くなっていきます。

僕らが日本語を使用する時と同様に、同じ英文を使い倒していくと次第に閾値に達し、意識せずとも英語を聞いたり、話すことが出来るようになります。飽きるかもしれませんが、飽きてからの方がシャドウイングの学習効果は高いのです!

シャドーイングの注意点3:簡単で短い英文を使用する

長くて複雑な英文をシャドウイングしようとする人は多いのですが、簡単で短いものの方が効果は高いとされています。特に英語初心者の人がいきなり難しい英文をシャドウイングしようとすると挫折するし、長過ぎれば英文の意味を取ることに意識を置けなくなってしまうので、シャドウイングの学習効果はかなり落ちてしまいます。できる限り短く、且つ簡単な英文でシャドウイングするようにしてください!

シャドーイングの注意点4:暗唱できるまでシャドウイングすること

そして一番大切なのは、暗唱できるまで音読すること。

英語力飛躍のコツは、英語力を司る脳の分野をどれだけ刺激できるか、です。暗唱できるくらいまでシャドウイングを繰り返すことで理解分野への脳神経はすごく太くなるし、聴覚分野から伝達分野へのレールも形成することができます。結果としてリスニングやスピーキングは同時に伸びていくし、後天的にリーディングやライティングも飛躍していきます。

何度も何度もシャドウイングを繰り返し、脳内全体を鍛えるようにしてください!

シャドーイングで英語力は爆伸びする!

僕は最終的にオーストラリアのメルボルン大学を卒業しましたが、決して最初から英語が得意だったわけではありません。初めて渡豪した4年前は、僕の英語力は壊滅的で、話せた言葉は「Yes」「No」そして「 Hahahaha(笑)」のみ。

英語力試験であるIELTSでも、面接官に「What is your full name?」と自分の名前を聞かれ「Full→Phone」と勘違いし、「Mine is iPhone」と答えて爆死したこともあります。

そんな僕もシャドーイングを繰り返し、少しずつですが、英語力の階段を1歩1歩登ってくることができました。

英語力は視覚化することが難しいので、「英語力、本当に伸びているのかな?」と思うこともあるかもしれませんが、英語学習は少しずつあなたの頭の中に蓄積されていくので、諦めることなく、着実に前進してください!

ちーや
ちなみにだけど、Netflixをうまく活用すると楽しみながら英語力を伸ばせるよ!具体的なやり方と学習効果については下の記事に詳しく書いてるから、ぜひ参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − nine =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)