シャドーイングおすすめ英語教材10選【参考書6冊と無料アプリ4つ】海外大卒の僕がオススメします

ちーや
シャドーイングで英語を勉強したいな。でもどの教材を使ったら良いんだろう?オススメの教材が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • シャドーイングとは?
  • シャドーイングの7つの学習効果
  • シャドーイングの超効果的な4つのステップ
  • シャドーイングに効果的な英語教材を選ぶ時の4つのコツ
  • シャドーイングおすすめ教材【参考書編】
  • シャドーイングおすすめ教材【アプリ編】

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初の僕の英語力はゼロ。ホストマザーとまともに会話することもできませんでした。

シャドーイングは同時通訳者が必ず行う学習法で有名で、もし1つだけ英語学習を選ぶ時も圧倒的に僕はシャドーイングをオススメするのですが、迷うのは教材選びですよね。

ちーや
今回は僕が実際に使っていたシャドーイングに効果的なオススメの教材を10個紹介するよ!

英語ペラペラになりたいと思い始めた時の僕の英語力

この動画は僕が英語初心者だった時の英語力とその1年後を比較したものですが、見て頂ければお分かりの通り、当初の僕の英語力は本当に壊滅的でした。

※「今の自分これ以上やばいです!」って人いたら、ぜひコメントください(切実)

英語初心者だった時の僕
  1. 何回見ても同じ単語が覚えられない
  2. 文法の意味が理解できない
  3. リスニングで一箇所詰まると後は全て聞き取れない
  4. 言いたいことはあるのに言葉が全く出てこない

この壊滅的な英語力で留学した半年後、僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学。無事、卒業することができました。

スタート地点は人それぞれだと思いますが「この状態からでも英語を話せるようになるんだ!」と希望を持てると思うので、ぜひ見てみてください!

ちーや
当時の英語力、本当にヤバかったな…(笑)

シャドーイングとは?

シャドーイングとは

英語をリスニングしながら音声通りに真似する練習方法のこと。

ちーや
元は同時通訳者が英語を英語として理解するためのトレーニングだったんだ!

英語の音声にぴったりついて追いかけるように発声するので、それが影に似ていることから「シャドーイング」と呼ばれるようになりました。

最近は語学を勉強する全ての人がリスニングやスピーキングを同時に上達させる方法としてかなり注目されている学習法です。

英語力が爆伸びするシャドーイングの7つの学習効果

〜シャドーイングが英語学習に超効果的な理由〜」でも詳しく解説していますが、シャドーイングを行うと、以下7つの効果があります。

シャドーイングが英語力にもたらす学習効果
  1. リスニング力が圧倒的に伸びる
  2. スピーキング力が上達する
  3. リーディングスピードが飛躍する
  4. ライティング力が爆発的に伸びる
  5. 発音が綺麗になり、英語が伝わる
  6. イントネーションやアクセントが身につく
  7. 使える英語表現が爆増する

シャドーイングは英語を耳で聞いて実際に発音していく学習法なのでリスニングやスピーキングが伸びるのはもちろんのこと、リーディングやライティングも同時に伸ばす効果があります。

ちーや
英語能力の全てを伸ばせるって、最早最強だよね!

メルボルン大学には非ネイティヴの留学生がたくさんいましたが、英語レベルが高い人はみんなシャドーイングで英語力を伸ばしていました。

僕が大学で英語の授業を聞けるようになったのも、ネイティヴに混じって議論できるようになったのも、シャドーイングの勉強を始めてからです。

ちーや
シャドーイングをやった後はびっくりするくらい英語が口をついてスラスラ出てくるようになるんだよ。ホントに不思議だよね!

シャドーイングの超効果的なやり方と4つのステップ

シャドーイングの効果的なやり方は以下4つです。

シャドーイング4つの学習ステップ
  1. 音声なしでテキストを読む
  2. 英語音声でリスニングする
  3. テキストを見ながらシャドーイング
  4. テキストを見ずにシャドーイング

シャドーイングは英語音声をそのまま真似することだけが強調されがちですが、大切なのは最初の1と2のステップ。

英文の内容をしっかりと理解していない状態でシャドーイングしても効果は薄れてしまいます。

シャドーイングをする目的は、英語を自分のものにし実際の場面で使えるようにすること。

英文の内容を理解していなければ実践では使うことができないので、すごくもったいないのです。

ちーや
英文の内容を理解せずにシャドーイングしても身につくのは発音やアクセント、イントネーションだけだから、効果は半分になっちゃうんだ。

シャドーイングの効果的なやり方と注意点に関しては下の記事にまとめてあるので、ぜひチェックしてみてください!

シャドーイングに効果的な英語教材を選ぶ時の4つのコツ

シャドーイング教材を選ぶ時のポイントはまとめると4つあります。

教材選びのコツ
  1. 自分のレベルに応じたもの
  2. 自分の興味関心のあるもの
  3. ゴールや目標に近いもの
  4. 英文が付いているもの

1や4はよく言われていることですが、すごく大切なのは2と3。今、目指している目標やゴールは何でしょうか?

  • 大学受験に合格すること
  • 海外旅行に一人で行くこと
  • 字幕なしで映画を見ること
  • 海外の大学に留学すること
  • TOEFLやIELTSで高得点を取ること

例えば、大学受験であればリーディングがメインですが、リーディング力を短期的に伸ばすのであれば「スラッシュリーディング」をやった方が圧倒的に効果的だし、海外旅行であれば先に使えるフレーズ集を覚えてしまった方が効率的です。

ちーや
「目的」と「手段」を間違えないようにしてね!

また、英語はすぐに身に付くものではありません。少しずつ積み重ね、徐々にゆっくりと伸びていくものです。

続かなければ意味がないし、面白くなければきっとどこかで妥協してしまいます。

自分の興味・関心のあるものを教材にしないとモチベーションを保つのは難しいし、楽しくなければやる気だって湧いてはきません。

ちーや
この記事では教材を10個ご紹介しますが、自分の目的にあったもの、そして興味や関心を持てるものを選ぶようにしてください!

【次ページ:英語力が爆伸びするシャドーイング教材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 14 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)