留学前に読むべき英語勉強オススメ本7選と英語教材!海外大に進学する時に僕が読んだ本まとめ

ちーや
留学直前だけど、できる限り英語を伸ばしたいな。でもどんな参考書を使ったら良いんだろう?留学前に買うべき参考書が知りたい! 

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
  • 英語力を爆伸びさせる脳科学的英語習得法に関する本

  • 英語力ゼロから実践力を上げる日常会話集

  • 発音オススメ参考書

  • 留学前に使うべき文法の参考書

  • オススメの英単語集と参考書を使う上での注意点

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、最初から英語が得意だったわけではありません。英単語は中一レベル以下、英文法はBe動詞もわからない状態から勉強を始めました。

英語力がゼロだった僕だからこそ、これから留学する人に留学前に絶対に買うべき本をお伝えできるのではないかと思います。あまり多すぎても迷ってしまうと思うので、今回は英語の要素ごとに1冊ずつご紹介したいと思います!留学前に英語力を伸ばしたい人は、ぜひ見てください!

ちーや
この記事では留学前の英語勉強における参考書を紹介していくけど、下の記事と合わせて読むと理解がスムーズになるよ!

留学前の英語勉強における本の選び方

まず、留学前の英語勉強で使用する本の選び方をご紹介します。参考書の見やすさやわかりやすさも大切ですが、自分の選んでいる参考書が留学に役立つのかどうかという点も踏まえて、自分にピッタリの本を見つけましょう!

留学に必要な“英語の実践力”に重点が置かれているか

留学をする上で最も大切なのは、実践的な英語力、です。

実践的な英語力=相手の話していることを適切に理解し、自分の考えや想いを正しく伝える力

この実践力を底上げするためにはリスニングとスピーキングの要素が欠かせません。読める・書けることも大切ですが、留学においては人とのコミュニケーションが圧倒的に求められます。受験で使用する参考書は基本的に「文字ベース学習」と呼ばれるものに重点が置かれていて、受験で求められる読み・書きが中心ですが、実践的な英語力を身に付けるためには「音ベース学習」に重点を置く必要があります。

リスニングもスピーキングも、「音」のベースが根底にあるからです。

留学前の英語勉強で本を選ぶ時は、必ず「実践力」に直結するものを選ぶようにしてください。

留学の目的に合わせて選ぶ

「英語力を伸ばす」と一言で言ってもその意味は様々で、リスニングやスピーキングなど、それぞれによって使う参考書もトレーニング方法も異なります。

残念ながら、英語力をその本1冊で上達させるものはこの世に存在しません。

英語力の中でも、自分が伸ばしたいものに合わせて柔軟に変更していかなければならないのです。

リスニングやスピーキングの中でも英語の音の聞き取りや発音など、トレーニングしたい項目を明確にし、目的に合わせて参考書を選ぶようにしてください!

科学的根拠のある具体的な方法論が書いてあるか

英語習得法もこれからご紹介していくのですが、英語習得法に関しては著者の経験から書かれているものが多く、科学的根拠の薄いトレーニングを推奨していることも少なくありません。僕も留学前はいろんな学習法を試しましたが、英語力ゼロの人がそのようなトレーニングを行なっても効果は出にくく、結果として大量の時間を無駄にすることになります。

特に留学前は時間に余裕がないと思うので、科学的根拠に基づいた正しい学習法が書かれている本を選び、最短距離で英語力を伸ばすようにしてください!

留学前に読むと英語力が爆伸びする脳科学的英語習得法に関する本

まずはどんな場所へ向かうにしても、目的地までの地図が必要になります。英語学習における地図とは、科学的根拠に基づいた学習法です。特に脳科学の観点から解説されている学習法は大半の人に効果が期待できるのでオススメです。

留学前に読むべきオススメの本は、これです。

脳の役割的にどのような方向性で英語の勉強をしていけば良いのか具体的に書いてある本です。自分が苦手なものをどのように克服すれば良いのか、どのような学習法であれば英語力が伸びていくのかなど、英語初心者の知りたいことが科学的根拠をもとに丁寧に解説してあります。トピック毎に解説が別れていて程よい量で構成されているのでスラスラ読み進めることができます。

留学前に読んでおくとどのような学習法で勉強していけば良いのかわかるので、すごくオススメです!

ちーや
また、脳科学に基づいた英語学習に関しては以下の記事にもまとめているので、ぜひ参考にしてみてね!

留学前に読むべき英語力ゼロから実践力を上げる日常英会話集

日常的に使用される英語というのはほとんど決まっていると言われています。例えば、以下の会話。

店員
Hi mate, how are you?
ちーや
Good, you?
店員
Very good. What can I get for you?
ちーや
Can I please get the Flat white?
店員
Sure, take away or have here?
ちーや
Take away please.
店員
Easy, any sugar?
ちーや
No, thanks.

僕は毎日カフェに行くのですが、このような会話を毎回しています。「How are you?」が「How’s it going?」になったり「What can I get for you?」が「Would you like anything to drink start with?」になるなど、多少表現の幅はありますが、大抵の会話で使うものはほぼ同じです。日常会話で頻繁に使用するフレーズを覚えておくとすぐに使えるので、実践力が短期間で身に付くのです。

留学前にオススメなのは、このフレーズ集。

オーストラリアに4年間住んでいるのでわかることですが、この本に出てくる表現、めっちゃ使います!(笑)

日常の場面別にフレーズも分かれていてすごくイメージに残りやすいし、英語の音声も付いているので通勤・通学中に聞きながらアウトプットしておくと、留学したらすぐに使うことができます。(僕は大学までの通学中、毎日欠かさず聴いて、歩きながらボソボソ呟いてました)

日常会話に重点を置いたものなので込み入った話やすごく深い話をする際の応用力はありませんが、日常会話はこの1冊で全てカバーできるくらいかなり作り込まれた参考書です。

留学前に実践力をつけたい人は使って損はないと思います!

留学前の英語発音オススメ参考書

発音は実践的な英語力を身に付ける上ですごく重要で、発音が悪ければ相手に自分の英語を理解してもらえないし、リスニングにおいても「自分で話せないことは聞くことができない」と言われているので、英語の聞き取りもできません。

発音トレーニングを積むと脳内に「音」のベースが整うので、英語の聞き取りもスピーキングもグッと上達しますし、自分の英語に自信がつくので英語学習のモチベーションアップにも繋がります。

留学前に絶対に使うべき発音の参考書は、「英語の発音が正しくなる本」。

タイトルそのまんまですが(笑)、発音が一切わからない英語初心者でもイラストを通して発音を矯正していく超わかりやすい参考書です!中学レベルの英単語を使いながら母音や子音の基本発音、そして音の変化に付いてかなり掘り下げて解説されています。DVDも付いていて、舌の動きやポジションなど、本だけではわかりづらいところもカバーされているので簡単に発音を矯正することができます。

留学前にやっておくと現地で英語を学ぶ際にかなり伸びます!

留学前にスピーキングの実践力を付ける本

スピーキング力とは、自分の考えや想いを載せた英文を脳内で瞬時に作ることができるかどうか、です。上級者になると英語を英語で考えられるようになりますが、英語力ゼロの状態でいきなりそれを目指すのは少しハードルが高くなってしまいます。

純国産の日本人がスピーキング力を上達させる最も最短の方法は、日本語で物事を考え、英語にする力を付け、次第に英語だけで考えるようにすること。

日本語で考えて英語に変換する時間が仮に5秒かかったとしても、それを繰り返すことで次第に日本語にかかる処理スピードが早くなり、結果として「英語→英語」にする方法です。

脳内で瞬間的に英文を作ることに特化したオススメの本が、これです。

Amazonでベストセラーになっている参考書ですが、日常会話フレーズを覚えるだけでは対応できない深い話や議論など、自分の伝えたい幅を広げてくれる一押しのアイテムです。中学レベルの英語力でも使いやすいような設計になっていて、日本語で考えてすぐに英作するという構成で話が進んでいきます。

最初は英作の時間にすごく時間がかかるかもしれませんが、これができるようになると「自由自在に」英語を使えるようになります。英作文の本って結構難解でハードルも高いのですが、この本は「気付いたらいつのまにか終わってた…」というくらいかなり丁寧でわかりやすく、テンポよく進んでいくので、英語の勉強が長続きしない!という人にもかなりオススメです!

ただし「留学前の英語勉強法〜留学前はこれさえやっておけば十分です〜」でもご紹介していますが、You Can Speakというオンライン英語学習を使用する場合は、この本は使う必要はありません。というのも、You Can Speakはオンラインでできる瞬間英作文の上位版のようなもので、より脳科学的なアプローチが入っています。

瞬間英作文の場合は読んでも実際に英作しない人がいますが、You Can Speakでは、実際に英語を使うことになりるため、もしYou Can Speakを使っているのであれば「瞬間英作文」は買う必要はないんじゃなかな、と思います!

留学前に使うべき英文法の参考書

文法はどんな言語を勉強する上でもかなり重要です。どんなに長い英文であっても単語という単位で構成され、文法というルールに基づいて配置されています。文法力がないと英語力自体が上達しなくなってしまいます。例えば、以下の英文を見てください。

「Apple yesterday the me gave my that is friend this.」

日本語にすると、大体こんなイメージです。

「りんご昨日私に私のくれた友達これが」

最早意味わかりませんよね。全ての単語は日本語なのに、全体として見ると日本として意味が通らなくなってしまっています。では、こう変化するとどうでしょうか?

「This is the apple that my friend gave me yesterday」

(これが昨日私の友達がくれたりんごです)

スッと頭に意味が入ってきますよね。

これが、文法の力です。

単語を理解していても、フレーズを頭に入れていても、文法力が欠落していると英語ではなくなってしまうのです。

文法なんて知らなくても実践的な英語力は身に付くし、言葉通じるよ!

と言っている人をよく見かけますが、最低限のルールが頭に入っていなければ純国産の僕ら日本人が英語を習得するとなるとかなり厳しいものがあります。難しい英文法を学ぶ必要はありませんが、英文法の基礎だけは固めておくようにしてください!

留学前にオススメしたい文法の参考書は、これ

ゼロから英語を始める人に超オススメです!Amazonの英語カテゴリーでベストセラーになった本ですが、中学レベルの文法を30日で学べるように作られています。文法のトピック毎にセクションが分かれていて、常時練習問題をこなしながら知識を定着させていくことができます。

「実践レベルの英語力」というと、複雑な英文を覚えなければいけない!と考えてしまうかもしれませんが、中学レベルの基本事項さえ押さえていれば十分です。海外の大学院で議論する時でさえその80%がシンプルな英文法しか使用されていませんし、日常会話であれば尚更複雑なものは使わないのです。

※TOEFLやIELTSなどで高得点を取りたい!という人には「一億人の英文法」をオススメしています。

しかし、留学直前期であれば「中学英文法を修了するドリル」をやっておけば十分に対応できるし、難しい英文法を時間をかけて勉強する必要はないと思います。仮にTOEFLやIELTSなどで高得点を取る場合であっても、「中学英文法を修了するドリル」で勉強しておくと「一億人の英文法」で勉強する場合でも理解がスムーズだと思います。

ちーや
僕が英文法を3ヶ月で覚えた具体的な勉強法については下の記事に詳しく書いてるから、合わせて参考にしてみてね!

留学前オススメの英単語集と参考書を使う上での注意点

日常の中で使われるフレーズが決まっていたように、単語においても使う単語は決まっています。僕の経験上、日常会話の80%以上が中一レベルの単語で構成され、受験単語はほとんど出てきません。映画を見ていればわかるのですが、「get」や「make」、「have」や「take」など、会話の中で登場する単語って中一で習ったものばかりなんですよね。

留学前に実践的な英語力を身に付けたい人は、まずは中一レベルの英単語力を付けるようにしてください。

オススメなのは、これ。

中学レベルの英単語をこれ1冊で総復習できます。通常の英単語は単語と意味の羅列で無味乾燥していますが、イラストがかなり多く使われていてビジュアルで覚えることができます。音声も付いているのでイメージと合わせて使うとストレスなく気楽に暗記することができます。

本来実践的な英語力を短期間で身に付ける場合、英単語帳や辞書を使わないことをオススメしているのですが、中一レベルの英単語が抜けていると「音ベース」の学習効率がすごく悪いので、ここだけは暗記しておく必要があります。

ちーや
中一レベルは大丈夫だよ!という方は、下の記事で実践的な単語力を伸ばしていってね!

留学で「使える英語」が身に付くおすすめ英語教材:7+English

僕が留学前の英語勉強で圧倒的にオススメしたいのが、この「7+English」です。

7+Englishがオススメな理由
  • 留学前に圧倒的即戦力が身に付く
  • 英語が口からサッと出てくるようになる
  • 1日20分から英語学習が可能
  • インプットとアウトプットが同時にできる
  • 短時間で大量に使える英語をアウトプットできる
  • 1日に勉強する内容が決まっているので取り組みやすい

これのすごいところは、インプットとアウトプットが同時にできてしまうところ。英語フレーズ集は基本的に覚えて暗記することがメインなので「使う」ことができないというのが欠点ですが、この教材はそれを上手にカバーし、留学先で実際に使える実践力を養えるようプログラムされています。

例えば、僕ら英語勉強中の人は「英語を話す時に先に日本語で考え、英文に置き換えて話す」という過程を通常とおりますが、実際の会話では日本語で考えていては会話スピードに追いつくことができません。このプログラムでは「英語を英語で考える」ことができるよう、「使う」ことに重点を置いて学習プログラムが設計されています。

7+Englishの通常の学習内容
日本語音声→英語音声→倍速再生

これが通常モードですが、このプログラムには続いて復習モードがついており、そこで大量にアウトプットすることができます。

7+Englishの復習モード
日本語音声→空白3秒→英語音声

日本語音声と英語音声の間に3秒間の空白があり、英語の答えが流れる前に英文を言い終えるようトレーニングする仕組みです。これができるようになると「日本語→英語」だった脳内回路が「英語→英語」に変化していくので、英語で話しかけられてもサッと意識せずに英語が出てくるようになります!

(↑僕のスマホの画面↑)

僕はこれを留学の3ヶ月前に購入し、上の写真のようにスマホに入れて隙間時間に大量にアウトプットしていました。確かに1日20分でも効果はかなり期待できますが、僕はすごく不安だったので毎日1時間ずっとこれをやってました。1つの科目は1分程度で終わるので、ほんのちょっとした隙間時間を使いたい人にはすごくオススメです!

オーストラリアに5年生活しているのでわかるのですが、日常の中で使用するフレーズやパターンは基本的に決まっていて、七田式ではそれを60パターンにまとめてあるので1日1パターンを使えるようにするという設定で60日でプログラムされています。

留学前に短期間で「使える英語」を身に付けたい人は、マジで使ってみてください!
60日続けた後、きっと驚くと思います…。

ちーや
留学先で英語で話しかけられた時、これに載ってるフレーズが咄嗟に出てきた時はすごく感動したな…。

留学前の英語勉強で留学をもっと有意義に!

英語力を伸ばすことを目的に留学する人はたくさんいますが、留学で得られるものは語学力の上達だけではありません。いろんな国から来た人と友達になったり、今まで見たことのない景色を見たりなど、日本では経験できないワクワクがたくさんあります。

英語力がある程度あれば友達はできやすいし、いろんな場所へ行くハードルも低くなります。

留学前にしっかりと英語を勉強し、留学をより有意義なものにしてください!

ちーや
留学前準備としての英語絵勉強法は下の記事に詳しくまとめてるから、合わせて参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − seventeen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)