留学しても英語が苦手な人の9つの特徴!英語が苦手な人はこれを見てください

ちーや
留学したいけど英語苦手だなぁ。そもそも英語苦手でも留学ってできるのかな?英語力ゼロで留学した人のリアルな話と英語力がどのくらい伸びるのか知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 英語できないけど語学留学しても大丈夫?
  • 語学留学しても英語ができない人の9つの特徴
  • 英語できない状態で語学留学した時に困ること
  • 留学で英語力はどれだけ伸びるのか?
  • 英語力が伸びる期間

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、最初は英語力ゼロの状態で留学したので辛い想いもたくさんしました。

英語が苦手な状態で留学できるのか考えますよね!英語力伸びないまま帰国するんじゃないかと不安になりますよね!そんな人は、ぜひ見てください!

英語苦手だけど留学できる?

結論から言うと、英語が苦手な人でも留学することはできます!

僕は英語力ゼロの状態で留学しました。自分の言いたいことは全く言葉にできないし、ネイティヴの言っていることは1ミリも理解できませんでしたが、留学して半年後にはメルボルン大学に進学することができました。

確かに、英語ができなければ辛いことはすごく多いし、些細なことであってもものすごくハードルが上がるのでストレスも大きくなりますが、留学先でどのように行動するのかによって英語力はいくらでも伸びるし、留学生活そのものも有意義にすることができます。

英語が苦手な人でも、留学することはできるのです!

留学しても英語が苦手な人の9つの特徴

英語 話せない 留学

留学しても英語が話せない人には以下9つの特徴があります。

留学しても英語ができない人の特徴
  1. 英語の基礎が圧倒的に欠落している
  2. 英語力の先に目標がない
  3. 英語に一切触れていない
  4. 家に引きこもっている
  5. 英語を「使う」練習をしていない
  6. ネイティヴの友達が少ない
  7. わからない表現が出てきても素通り
  8. 日本語を多用している
  9. 間違うことを恐れている

僕はこれまでオーストラリアに5年住む中でたくさんの人に出会ってきましたが、このどれかに当てはまっている人はほぼ高確率で留学で英語力が伸びていません。留学当初の僕もほとんどの項目に当てはまっていて、当時は思ったように英語力が伸びませんでした。

留学先で英語力が伸びるには理由があるのです。

ちーや
留学で英語力が伸びない人の特徴に関しては下の記事に詳しく書いてあるから、ぜひ参考にしてみてね!

「英語が苦手で留学すると困る」と一般的に言われていること

英語ができない状態で留学すると主に5つのことで困ると言われています。

留学で困ること
  1. 友達ができづらい
  2. 授業についていけない
  3. ホストファミリーと会話できない
  4. トラブルの対処が難しい
  5. 英語力が伸びない

ここでは僕の経験上からそれに対する解答をお伝えしていきます!

ちーや
疑問に思うところ、不安な部分から読んでいってね!

「英語が苦手で留学すると困る」と言われていること1:友達ができづらい?

英語が苦手な状態で留学すると友達ができづらいと一般的に言われています。自分の言いたいことは伝わらない、相手の話していることも理解できない状態ではコミュニケーションが取りづらいからです。

拙い会話が続けば相手も話すことそれ自体に興味を失う可能性があるし、言葉のキャッチボールができないと自分の自信も喪失していくので、積極的に声をかけづらくなります。

(↑僕の通っていた語学学校↑)

しかし、大半の語学留学であれば多くの人が語学学校に通うと思うのですが、語学学校では自分の英語力に合わせてクラス分けが行われるので、基本的に周りにいるのは自分と同じ境遇にいる人。わからない部分、上手く話せなくてもどかしい気持ちは共通しているので、逆に友達のなりやすいのです。

確かにネイティヴの友達を作るのは最初は難しいかもしれませんが、英語力を伸ばした後は徐々にネイティヴへの耐性がついていくのいで、いくらでもネイティヴの友達を作れます。

英語が苦手でも、留学先で友達は作れるのです!

「英語が苦手で留学すると困る」と言われていること2:授業についていけない?

留学先の学校では全てが英語になります。英語が苦手な人、特にリスニングが苦手な人は先生の言っていることを理解できない可能性があるし、ディスカッションを取り入れているクラスであれば自分一人だけ発言できない、なんてこともきっとあると思います。

そして「英語を学びに来てるのに、そもそもの英語が理解できないんじゃないか…」と予想できてしまうので、すごく怖くなるんですよね。

授業についていけず、挫折するのではないか、と。

しかし実際は、自分の英語力に合わせてクラスが分けられるため、基本的に授業についていけない、ということはありません。仮に授業の難易度が高すぎたとしても、クラスの先生や授業のコーディネーターと呼ばれる人たちに相談するとクラスを変えてもらうことができます。

自分のレベルに合ったクラスを選べるので、授業についていけないということはあまりないのです!

ちーや
クラスの変更は認められた権利だから、恥ずかしがらずに先生に相談するようにしてね!

「英語が苦手で留学すると困る」と言われていること3:ホストファミリーと会話できない?

友達ができない理由とほぼ同じですが、英語が苦手な状態で留学するとコミュニケーションが取れないのでホストファミリーとの距離を縮めることが難しいと言われています。留学生活ではホストは本当に大切で、帰宅後、ヘトヘトに疲れた後の大半の時間を共に過ごすので、ホストとの関係性が悪化すると留学そのものに疲弊してしまう可能性があります。

僕のホストは母のような人で、僕を本当の息子のように受け入れてくれました。ホストの家を離れて3年半ほど経ちますが、今でも月に2回のファミリーランチ、誕生日会、イースター、そしてクリスマスなど、ことある家族行事に呼んでもらえるほど、仲良くなることができました。

大切なのは、自分の気持ちを伝える姿勢です。

ホストは僕らの英語が不自由であることは十分に理解しているし、英語を学びに来ていることは知っています。英語を間違えても基本的には気にしないし、どうすれば英語力を上げられるかということも理解しています。

恥ずかしがってモゴモゴするよりも自分の気持ちや想いを全面に出す方が圧倒的に好かれるし、こちら側から歩み寄れば向こうも心を開いてくれるので、積極的に話しかけるようにしてください!

ちーや
このホストがいなければ、僕の留学生活はまた違ったものになってたと思うな…。

「英語が苦手で留学すると困る」と言われていること4:トラブルの対処が難しい?

英語が苦手な状態で留学して一番困るのは、トラブルに巻き込まれた時です。自分の現状や何が起こっているのかという細かい情報を伝えることができないので、相手もどのように対処して良いかわからないからです。

僕の場合、引越した先にガスが通っていなかったのですが、僕の英語力が低すぎて配管工に電話しても全く通じなかったため、結果、真冬に冷水シャワーを浴びることになりました。

トラブルへの対処が難しいのは、間違いありません。英語が苦手な人であればあるほど対処は難しくなるし、焦れば焦るほど、英語って出てこなくなるんですよね。そんな時に使える対処法があるので、サクッとご紹介します!

留学先でのトラブル対処法
  1. ググって同じトラブルがないか調べる
  2. 日本人の知人に対処法を聞く
  3. 電話する時は話す内容を予めメモっておく
  4. こちらの言いたいこと、要件をまとめておく

この4つのステップを使うとトラブルがあった場合でも何とか対処できることが多いのでオススメです!

ちーや
トラブルはないに越したことはないけど、何があるかわからないから、頭の片隅にでも置いておいてね!

「英語が苦手で留学すると困る」と言われていること5:英語力が伸びない?

英語が苦手な人が留学しても英語力は中々伸びにくいと言われています。英語が苦手な人は英語の基礎が整っていないので、英語力を伸ばすのに時間がかかるからです。確かに、地盤の緩んだ土地に高層マンションを建てることができないのと同様、英語力もしっかりとした基礎がなければ高い英語力を得るのは難しいし、留学先で得られるものも少なくなる可能性はあります。

しかし、英語力が全く伸びないかというと、決してそんなことはありません。

海外 留学 大学

僕も英語力ゼロの状態でオーストラリアに留学したし、決して英語が得意と言えるようなものではありませんでしたが、留学して半年後にメルボルン大学に進学することができました。人によってはもっと伸びる人はいるし、より短期間で結果を出す人もたくさんいます。

英語が苦手だからと言って、留学を諦める必要はないのです!

英語が苦手な状態で留学するとどのくらい英語力は伸びるのか?

〜留学したら英語力はどのくらいで伸びる?〜」でも詳しく解説していますが、僕は以下の流れで英語力が推移していきました。

留学での英語力の変化
  • 数日~1ヶ月:日本にいる時と変わらない
  • 1~3ヶ月:少し英語が聞ける、話せるレベル
  • 4ヶ月~半年:リスニング力が伸び、話せることが増える
  • 半年~1年:表現の幅が圧倒的に増える
  • 留学1年以上:大半のことは聞けるし、自分の話したいこともほぼ言える

はっきりと断言できるのは、英語力は期間ではない、ということ。長年海外に住んでいる人でも英語を話せない人はたくさんいるし、より短期間で英語力を飛躍させた人もいるので、一概に「期間が長ければ英語力高い」とは言えないのです。

大切なのは、現地でどのように行動し、どれくらい英語に触れ、英語を使うか。
留学で英語力がどのくらい伸びるかどうかは、自分次第なのです!

ちーや
短期間であっても英語力は伸びていくので、現地でどう行動するかが大切なんだよね!

英語が苦手でも、留学はできる!

留学は英語が得意な人がするものだというイメージがあるし、英語が苦手な人が留学しても英語力はそこまで高くならない、という風潮がありますが、決してそんなことはありません。

何歳からでも英語力は伸ばすことができるし、自分次第でいくらでも上達させることができます。

現地でどう行動するかによって得られるものは異なるので、最高の留学になるよう、積極的に動いていってください!

ちーや
僕が留学で英語力を飛躍させた勉強法は下の記事に詳しくまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 2 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)