留学で授業が聞き取れない7つの理由!英語は聞き取れるようになります

ちーや
留学してるのに授業が全然聞き取れない…。何で聞き取れないんだろう?具体的な理由とリスニング力を上げる方法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 留学で授業が聞き取れない7つの理由
  • 英語を聞き取るための3つのステップ

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初の僕のリスニング力は壊滅的で、IELTSのインタビューでも開始3秒で爆死しました。

ネイティヴの言っていることが理解できないと自信がなくなりますよね!「もうずっと伸びないかもしれない…」とか考えてしまいますよね!そんな人は、ぜひ見てください!

留学で授業が聞き取れない7つの理由

留学中に授業が聞き取れない理由は大きくまとめると7つあります。

授業が聞き取れない7つの理由
  • 音を知らない
  • 英単語を知らない
  • 英語の表現を知らない
  • 文法力が欠落している
  • 早すぎる音の変化についていけない
  • 知らないトピックについて話していた
  • スピーキング練習の不足

1つずつ掘り下げていきます!

留学で英語の授業が聞き取れない理由1:「音」を知らないから

全ての言語能力は「音」をベースに発達していく

脳科学的に、どんな言語を習得する上でも「音」ってすごく重要な役割を担っています。ことリスニングにおいては、音を知らなければ英語を聞き取ることはできません。

例えば、世界的なマクドナルドですが、英語では「メクドーナ」のように発音しますし、「He is her friend.」という超基礎的な英文であったとしても、ネイティヴが発音すると感覚的には「ヒズアーフレン(ド)」のように聞こえます。
本来英語学習においてカタカナ表記を使用するのはあまりよろしくないのですが、それくらい違います。

受験で英単語を大量に覚えた経験がきっとあると思いますが、その意味は知っていても自分なりの音で覚えていたりするので、実際にネイティヴの英語を聞いても全く異なるもののように聞こえてしまうのです。

まずは英語の音を正しく聞き取ること。1つ1つの音を正しく聞き取れることができるようになれば理解できる英語も増えていきます。英語の音のベースが脳内に整うとスピーキングやリーディング、そしてライティングも同時に伸びていくので、英語力を底上げを行うことができます!

留学で英語の授業が聞き取れない理由2:英単語を意味を知らない

少しだけ日本語について考えてほしいのですが、「膂力(りょりょく)」という言葉をご存知でしょうか?筋肉などの身体から生まれる力のことを指す言葉ですが、この単語が会話中に出てきたら日本語がネイティヴの僕らでもわかりませんよね。

それと同様に、英語においても、知らない単語が出てくると意味を理解することができなくなります。これはその単語のことを知らなかっただけのことであって、決して英語ができないというわけではありません。

特に語学学校に通っている人であれば英文法用語を英語で何というのか知らなければ授業内容を理解することは割と難しくなります。僕もメルボルンに住んで5年になりますが、未だに知らない単語、聞いたことのない単語はたくさんあるし、大学でも経済学のことについてはわかっても法学や疫学などの知識は皆無なので、そっち系の単語が出てきたら完全にお手上げです。その場合はもう考えても出てこないので、素直にググるか、友達に聞くようにしています。

単語の意味を知らなければ英語を聞き取ることも、その意味を理解することもできなくなります。

まさに「知っている言葉の範囲は、自分の世界の限界である」なんですよね!

ちーや
超効率的な英単語の覚え方に関しては以下の記事に詳しくまとめてるから、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語の授業を聞き取れない理由3:英語の表現を知らない

これに関しても理由は英単語を知らない場合と同じです。知らんもんは、いくら頭を捻っても出てこんのです。英語は言語なので、同じような内容でもいろんな表現があります。例えば、「結局〜」一つとっても、「After all」や「In other words」、「In time」など、その時々の文脈や状況に合わせて表現が使い分けられますし、「After allは知ってるけど、In timeは知らなかった…」ってことはよくあります。

日本語でも「つまり」と「結局のところ」は同じ意味を持つ表現ですが、言い方が異なりますよね!

オーストラリアは特有のスラングが多く、Vegetarianを表すVego(ベジョ)、ガソリンスタンド(Petrol Station)を表すServoなど、知らなければ絶対に理解できないものがたくさんあります。

スラングを学べ!と言っているわけではありませんが、TOEFLやIELTSなどの一般的には「標準」と呼ばれるものだけでは対応できないことが多々あるので、スラングを学ぶこともまた時には必要なのだろうと思います。それぞれの地域で何がどのように表現されるのかは異なるので、スラングそのものは留学先で学んでも遅くはないのかな、と思います!

留学で英語の授業を聞き取れない理由4:英語の文法力が欠落している

〜英文法とリスニングの関係性〜」でも詳しく書いていますが、文法力はリスニング力に大きく影響します。リスニングは絶えず英語が耳に流れ込んでくる状態なので、リーディングのように英文を時間はかけて分解することができません。リスニングしながら英文を分解し続けるのには限界があるのです。

リスニング力を上げるためには、英語を聞いたら聞いた通りのまま理解する必要があり、言い換えれば、英文を前から区切って理解する必要があるのです。

受験においては和訳を求められることが多いので後ろから訳す癖がついている人も少なくないのですが(僕がそうだった…)、リスニングで後ろから理解しようとすると、一旦全ての英文を聞いてしまわないと理解できないということになるので、それでは次の英文が流れてきた時に対処できなくなってしまいます。

また、文法力があると次にどんな内容が来るのかある程度予測することができるのでリスニング力が上がります。

例えば、Whatの後に主語であるIやYou、Itなどがきた場合、「なるほど、この後にBe動詞が来るな!」と予測することができます。

What you have to is just to study English.」

何が来るのかわかっていればそこに意識を置かなくてもよくなるので、相手が話している内容に集中することができます。

つまり、文法力が伸びると、リスニング力も同時に伸びるのです!

リスニング力を伸ばすのに、複雑で難しい文法が必要なわけではありません。中学生レベルの文法力があれば、大半のリスニングには対処できるようになります。

ちーや
英文法を覚える方法に関しては以下の記事に詳しくまとめてるから、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語の授業を聞き取れない理由5:早すぎる音の変化についていけない

ゆっくりの英語であれば聞き取れるのに、スピードが速くなった途端にわからなくなってしまうのはなぜでしょうか?

僕は野球を13年間やっていましたが、遅いボールは簡単に打てても、スピードの速いボールは中々打てませんでした。
早ければ早いほど、脳は処理スピードを上げなければならないので、その処理スピードが追いつかず、対処できなくなってしまうからです。

英語のリスニングも同様に、音の変化が早すぎるとその速度に脳の処理スピードが追いつかないので、音を聞き取ることができなくなってしまうのです。

また、この場合、音と音の繋がりである「リエゾン」や「リンキング」と呼ばれる「音」を理解していない可能性もあります。英語が早ければ早いほど、単語や語句がくっついて別の音に変化するので、その変化を理解していなければ英語を聞き取ることができないのです。

例えば、メルボルンの駅で電車を待っていると、こんなアナウンスが流れます。

アナウンス

The next service depart from platform 5 will be~
(5番ホームに参ります電車は〜)

僕は留学当初、Serviceの「Ce」とDepartの「De」が重なり、感覚的には「セパート」のように聞こえていました。これも僕が音の繋がりに慣れていなかったこと、ひいては早すぎる音の変化についていけなかったことが原因です。

ちーや
Flinders Street Stationに行くと、留学当初に苦しんでいたことを思い出すんだよね。

留学で英語の授業を聞き取れない理由6:知らないトピックについて話していた

これは結構見落としがちな部分なのですが、リスニングを伸ばそうと考えた時、基本的には単語や表現、そして文法力が必要だよね!と考えると思うのですが、前述のように、知らないことはわからないし、会話の内容も理解することはできません。
僕は経済学専攻なので関連するビジネス系のことやマーケティングのことなど、言われれば理解することができますが、法学のこととなるとあまりに知識不足のため、日本語であっても話の内容が頭に入ってきません。

同様に、知らないテレビ番組の話をされたりすると、会話の内容がわからなかったりするのです。

以前アメリカ人とドイツ人の友人3人で話をしていた時に「Game of Throne」の話題になりました。知らない人には「何のゲーム?」って感覚だと思いますが、これ、アメリカの超絶人気ドラマです。
大学に進学してからは日常の中で英語がワカラナイということはあまりなかったのですが、こと「Game of Throne」に関しては、ほとんど理解することができませんでした。「僕の英語力の問題なのかな?」って思っていたのですが、「スパイダーマン」の話になった途端、会話の内容が急にわかるようになりました

英語力が高い人であっても「英語がワカラナイ」ということは多々あって、それは英語力そのものというより、英語力以外の要素が英語力に影響していることが原因になっています。

この世の全てを知り尽くすことなんて不可能ですが、知っていることが増えると聞き取れることが増えるのは間違いないので、自分がこれから学ぼうとしていることや興味関心のある情報は積極的に取り入れるようにしてください!

留学で英語の授業を聞き取れない理由7:スピーキングの練習不足

脳科学的に、リスニングとスピーキングには表裏一体の関係性があり、「自分の口で話すことができれば、実際に聞くこともできる」と言われています。「知らないトピックは内容が頭に入りづらい」というのは前述の通りですが、発音することができれば少なくとも音の聞き取りはできるようになります。

「リスニングを伸ばす時は英語を聞きまくる!」という多聴が近年のリスニング学習の主流になっているし、決して間違いではないのですが、リスニングを伸ばすのであれば、まずはスピーキングの練習を徹底的にやるべきだと思っています。

特に、シャドウイングはネイティヴのスピーキングを真似しながら発音していくので、発音の強制になるし、実際に発音することでリスニング自体も伸びていくので、すごくオススメです!

ちーや
シャドウイングの詳細に関しては後述するよ! 

留学で英語の授業が聞き取れない時の5つの対処法

留学先の授業についていけない時にやるべきことは大きく分けると5つあります。

ちーや
実際に僕がやっていた5つの対処法を紹介していくね!

留学で英語の授業が聞き取れない時の対処法1:英文法用語を丸暗記する

語学留学して授業についていけない場合、文法用語を英語で何というのか理解していないことが多いと思います。

実際僕も「動詞」を英語で何というのか、過去完了形をどのように表現するのか、ということを知らなかったので、実際に英語で文法の説明をされても全く意味が入ってきませんでした。

オススメなのは、基本的な英文法用語は一気に暗記してしまうこと。

特に主語、動詞、補語、目的語(SVOC)や過去系や過去完了、関係代名詞などの文法事項は英語でどのように言うのかを理解しておくと語学学校での授業の理解がグッと楽になります。

授業の中でわからない単語を授業後に調べるのも1つの手ですが、それだとその授業そのものが何も理解できず終わってしまう可能性があるので、予め頭に入れておくことをオススメします!

留学で英語の授業が聞き取れない時の対処法2:授業を録音しておく

また、授業についていけない時はその原因を考えることがとても大切で、語学学校では基本的なことを学ぶことが多いので、どの部分で自分がつまづいているのかがわからなければ留学生活で英語力を伸ばすのに時間がかかってしまいます。

特に英単語や英文法、そして発音などの基礎的な部分が欠落している時は授業内容もサッパリなので、どのような勉強をすべきかを考えるためにも、先に原因を理解しておく必要があるのです。

オススメなのは、授業内容を録音して、帰宅後に復習すること。

僕はスマホで音声を録音しておき、トラムの中でどの部分が理解できていないのかを毎日確認しながら帰宅していました。音声をチェックする時のポイントは以下3つです。

音声をチェックする時の3つのポイント
  • 単語は知っているか
  • 文法事項は理解できているか
  • 発音は聞き取れているか

単語や英文法ががわからない場合はその場で調べるようにしてください。特に単語は次の授業以降も使用される可能性が非常に高いので、できる限りその日で暗記するとその後の授業がグッと楽になります。

リスニングに関しては脳科学的に「発音できることは聞き取れる」と言われているので、聞き取れていないということは自分自身でも発音できていない可能性があります。

ちーや
僕が独学で発音を矯正した方法は下の記事に詳しくまとめてるから、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語の授業が聞き取れない時の対処法3:日本語で知識を入れる

これは海外の大学でよくあることなのですが、英語力がある程度あるのに授業内容が理解できない場合、その授業で扱っているトピックそのものについて知らない可能性があります。

例えば、僕は日本では経済学を専攻していたのである程度のことはわかりますがあ、法学となると僕の知識はゼロなので日本語で聞いても意味を理解することはできません。

英語力というよりも、知識量が不足しているために英語が理解できないのです。

オススメなのは、そのトピックについて日本語で知識を入れておくこと。

授業で扱うトピックについて先に日本語で知識を入れ、その後に英語の文献を読むと理解スピードが圧倒的に早くなります。日本語だけの知識ではディスカッションで出遅れる可能性があるので、英語の文献は必ず目を通し、最終的には英語で理解するようにしておくのがコツです。

ちーや
僕が日本人だからってみんな容赦はしてくれないから、英語で理解する努力はどこかのタイミングで必要なんだよね!

留学で英語の授業が聞き取れない時の対処法4:友達に聞く

この動画はメルボルンの大学に通う現地の学生と留学のぶっちゃけ話を赤裸々に語ったものですが、留学で一番損をするのは、「わからないことをそのままにしておくこと」。留学先でわからない部分は今後も直面する可能性が高いし、そのままにしておけばいずれまた同じ問題で悩むことになります。

留学において大切なのは、人に頼る勇気を持つこと。

「聞いたら迷惑かな…」と思う気持ちもわかりますが、ワカラナイことをそのままにする方が後々自分の首を締めるようになります。動画の通り、留学では助け合いなので、1Giveしてもらったら10Giveし返すくらいの気持ちでいれば、みんな快く助けてくれます。

ちーや
1人で頑張ろうとすると留学そのものに疲れてしまうから、どう頑張っても自分ではどうしようもない時は人に頼るようにしてね!

留学で英語の授業が聞き取れない時の対処法5:クラスを変更する

どうしても授業内容のレベルと自分の英語力に差がある時はクラスを変更することも1つの手です。

振り分けられたクラスのレベルについていけずにクラスを変えるというのは「ドロップアウト」感が半端ないので自己嫌悪が止まらない気持ちもわかりますが、レベルのミスマッチをそのままにしておく方が留学の貴重な時間を圧倒的に無駄にすることになります。

語学学校でのクラス変更はよくあることで、僕の友人も割とクラスを変えて自分のレベルに合わせて勉強していました。クラスを変更したからと言って英語の勉強ができなくなるわけではないし、実際にその後英語力を圧倒的に伸びた人を何人も見てきました。

クラスを変更することは、決して悪いことではないのです!

留学で英語の授業を聞き取るための3つのステップ

ここでは留学で英語を聞き取れるようになるための3つのステップをご紹介します!

ちーや
何から始めて良いかわからない人は、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語の授業を聞き取るためのステップ1:聞き取れない部分の確認

まずはサクッと一通り英語を聞いてみてください。英語を聞く時はその音声の英文(スクリプト)を手元に置き、聞き取れない部分にチェックを入れていってください。

おそらく大半の場合、聞き取れない部分はリンキングやリエゾン、そしてリダクションの部分なので、そこに注意してリスニングすると上手な聞き取りができるようになります!

最初は慣れていないとチェックばかりで凹むかもしれませんが、少しずつ聞き取れる部分が増えていくので焦らず地道に取り組みましょう!

英文の中でワカラナイ部分が多すぎる時は使っているリスニング教材が合っていない可能性もあるので、その際は少し簡単なものに変えてリスニングするようにしてください!

留学で英語の授業を聞き取るためのステップ2:聞き取れない部分の分析

英文を1通り聞いて聞き取れない部分にチェックが入ったらなぜ聞き取れなかったのかを分析してみてください!チェック項目は以下6つです。

英語を聞き取る時のチェック項目
  1. 英単語
  2. 英文法
  3. 英語表現
  4. リエゾン・リンキング
  5. リダクション
  6. 英語のスピード

この項目のどれが原因で聞き取れていないのかを確認できたらそれに応じて対処法を変えます。英単語や英文法、英語表現が理解できていない場合は意味を確認する、音の変化やリダクション、英語のスピードに問題がある場合は次のステップで強化していきます!

留学で英語の授業を聞き取るためのステップ3:聞き取れない部分だけを重点的にシャドーイング

聞き取れない原因がわかったらシャドーイングで徹底的にアウトプットしていきます!

シャドーイングとは
英語をリスニングしながら音声通りに真似する練習方法のこと。

シャドーイングを行うと以下7つの学習効果があります。

シャドーイングが英語力にもたらす学習効果
  1. リスニング力が圧倒的に伸びる
  2. スピーキング力が上達する
  3. リーディングスピードが飛躍する
  4. ライティング力が爆発的に伸びる
  5. 発音が綺麗になり、英語が伝わる
  6. イントネーションやアクセントが身につく
  7. 使える英語表現が爆増する

シャドーイングを行うことで英語脳の土台を作れることはもちろんのこと、英語の全技能(リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング)を一気に伸ばすことができます!

ここで大切なのは、聞き取れない部分だけを重点的にシャドーイングしていくこと。

英文全てをシャドーイングするのも良いのですが、すでに聞き取れる部分は何度聞いても聞き取れるので、あえてシャドーイングする必要はないんですよね。聞き取れない音はほぼ毎回同じなので、そこのみを重点的に鍛えていった方が英語の聞き取りレベルはより早く上達していくのでオススメです!

ちーや
英語能力の全てを伸ばせるって、最早最強だよね!
シャドーイングの具体的なやり方下の記事にまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

留学で英語の授業は聞き取れるようになる!

海外 留学 大学

留学当初は授業内容を何一つ理解できなかった僕ですが、今回ご紹介したステップを踏むことで少しずつわかる内容が増えていきました。英語力は目に見えないし急激に伸びるものではありませんが、留学で英語が聞き取れるようになることにもまた理由があります。

留学で英語の授業は聞き取れるようになるのです!

英語を聞き取れない期間はすごく辛いと思いますが、英語力はやった分だけ伸びていくし、目に見えなくても少しずつ自分の中に蓄積していきます。歩みを止めず、継続して頑張ってください!

ちーや
僕が実際に使っていた独学で英語が話せるようになるオススメ英語教材は下の記事にまとめてあるから、ぜひ参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)