留学で英語話せるようになる人の7つの特徴!英語力ゼロ→海外大に留学した時のリアルな話

留学 英語 話せるようになる
ちーや
英語話せるようになりたいな。留学したら英語って話せるようになるのかな?英語力ゼロで留学した場合のリアルな話と、英語を話せるようになる方法が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • 留学しても英語を話せるようにならない!?
  • 留学しても英語が話せるようにならない人の特徴
  • 留学で英語を話せるようになるまでに期間
  • 留学で英語を話せるようになる英語勉強法
  • 英語を話せるようになるオススメの参考書

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初の僕の英語力はゼロ。ネイティヴの言っていることは理解できないし、自分の考えや想いも言葉にすることができませんでした。

留学したら英語話せるようになるか不安ですよね!どうせ英語を話せるようになって帰国したいですよね!そんな人は、ぜひ見てください!

英語を全く話せなかった時の僕の英語力

この動画は僕の5年前の英語力を紹介したものですが、ご覧頂ければお分かりの通り、留学当初、僕は英語が全くもって話せませんでした。

留学をすでに経験していた友人からは「英語力ゼロで留学したけど、伸びるから大丈夫!」とか、「何とかなるよ!」と言われてましたが、本当の意味で「英語力ゼロ」だった人は僕以外にいないのではないかというくらい、絶望的な英語力で留学しました。

スタート地点は人それぞれだと思いますが「この状態からでも英語を話せるようになるんだ!」と希望を持てると思うので、ぜひ見てみてください!

ちーや
当時の英語力、本当にヤバかったな…(笑)

留学しても英語を話せるようにならない!?

「留学すれば英語を話せるようになる」と思っている人が多いのですが、現実はそんなに甘くありません。10年以上住んでいる人でも英語を話せない人はたくさんいるし、日本語のみで生活している人も少なくありません。「留学したら英語のシャワーを浴びれる」と言われますが、それは「英語環境に飛び込めば」という話であり、身の回り全てが英語になるというわけではないのです。

例えば、オーストラリアにはワーキングホリデーで留学をする人が多いのですが、渡豪当初は職歴がないので、多くの場合、日本食レストランで働きます。日本食レストランで働くスタッフは日本人であることが多く、お客さんと会話しない限り英語を使いません。住んでいる場所が日本人とのシェアハウスで家と職場の往復であれば日本にいる時と変わらない環境になってしまいます。

ちーや
留学したとしても、自分から英語に触れる環境へ身を置かなければ、英語を話せるようにはならないんだよね!

留学しても英語を話せるようにならない人の9つの特徴

英語 話せない 留学

留学をしても英語を話せるようにならない人の特徴は主に9つあります。

留学しても英語が話せない人の特徴
  1. 基礎英語が欠落している
  2. 英語力の先に目的がない
  3. 留学先で英語に一切触れていない
  4. 家に引き篭もる
  5. 英語を「使う」練習をしていない
  6. ネイティヴの友達が少ない
  7. わからない英語表現が出てきても素通り
  8. 日本語を多用しすぎている
  9. 間違うことを恐れている

日常生活の中で急にお金が降ってきたり、突然才能が開花することはほぼないように、留学においても何もしなければ英語力は伸びてはいきません。留学で英語を話せるようになるためには積極的に動き、自ら英語環境に身を置き、英語に触れ、英語を使っていく必要があるのです!

ちーや
黙っていても英語はできるようにはならないんだよね。留学しても英語を話せるようにならない人の特徴については下の記事に詳しくまとめてあるから、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語を話せるようになるためには?

(出典:National Training Labaratory)

この図はどんな勉強をした時に学習効果が高いのかを表したもので「学習ピラミッド」と呼ばれるものですが、特徴的なのは点線で引かれた上と下の部分。読む・聞くのインプット学習よりも、知識を使う・人に教えるなどのアウトプット学習の方が圧倒的に学習効率が高いことがわかりますよね!

「聞き流すだけ」の教材が日本では流行っていますが、聞き流すだけのインプット学習だけでは不十分なことが多いのです。

例えば、ウサインボルトがなぜあんなに早く走れるのかという知識があったとしても実際に早く走れるわけではないですよね。何度も走り込みを重ねて少しずつ早く走れるようになるはずです。

同様に、留学で英語を話せるようになるためには使う必要があるし、受け身だけで伸びていくものでは決してないのです。

留学で英語を話せるようになる人の7つの特徴

留学で英語力を伸ばす時のコツは主に7つあります。

留学先での英語の勉強方法
  1. 英語の勉強は必要性と興味から
  2. ワカラナイ単語はGoogleの画像検索へ
  3. 教科書の音読+録音
  4. シャドーイングで徹底的にアウトプット
  5. 現地でアルバイトする
  6. 日記アウトプット
  7. 英語表現をまとめておく
ちーや
1つずつ具体的に掘り下げていくよ!

留学で英語を話せるようになる人の特徴1:英語の勉強を必要性と興味から始めてる

人は日常生活の中で必要になる情報や興味関心のあるものに関しては積極的に情報を吸収する特性があることが、脳科学的にわかっています。

好きなことであれば時間を忘れて没頭できるし、そこに「辛い」という感情はきっとありませんよね。「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、「好き」という感情が「辛い」という気持ちを上回ると圧倒的に上達が早くなるのです!

オススメなのは、英語で好きなことを勉強すること。

上の動画の中でも詳しくお伝えしていますが、「英語を」勉強すると小さいミスがすごく気になるし、勉強そのものが苦痛になってしまいますが、自分の好きなことを英語で勉強すると、「好き」という感情が上回るので、英語学習が苦痛に感じなくなるのです。

そして結果的に勉強がすごく長続きし、伸びもすごく早くなる。

結局のところ、英語の勉強を楽しめた人の方が、英語力は伸びやすいのです!

ちーや
まずは自分の興味のあるものは何なのかを考えてみてね!

留学で英語を話せるようになる人の特徴2:中学生レベルの単語が徹底されている

TOEFLやIELTSの受験、大学進学などを考えていない場合、英語を話せるようになるために必要な単語レベルは中学生で習うもので十分だと僕は考えています。

なぜなら、普段の会話の中で使用される80%以上の単語は中学生レベルのものだからです。

「留学」となると大学受験レベルの単語帳や難しい文法書を引っ張り出してくる人が多いのですが、留学では中学レベルの英語を「いかに使えるか」がすごく大切になってきます。

オススメなのは、ワカラナイ単語が出てきたらGoogleの画像検索にかけて、イメージで覚えること。

上の図は「Polyglot」という英単語を画像検索した時に出てきたものですが、イメージ一覧を見れば「複数言語」ということが1発で理解できますよね!

好きな分野を英語で勉強するとなるとそれに合った英単語帳を見つけるのはすごく難しいので、ワカラナイものに出くわす度にググってその都度覚える方が、最短で必要な英単語を暗記することができます。

ちーや
人の脳が受け取る情報量は視覚が90%以上を占めてるから、イメージで覚えておくと忘れづらくなるんだよね!

留学で英語を話せるようになる人の特徴3:授業の復習を徹底している

留学すると語学学校に通う人が大半だと思いますが、授業でその日に習った内容を音読して脳に擦り込むと忘れづらくなるし、実際の場面でパッと英語が出てくるようになるので非常にオススメです!

特に、自分の音声を録音しておくと自分の英語を矯正するきっかけになるので、ぜひやってみてください!

僕は生まれも育ちも日本ですが、独学でここまで矯正することができました。自分の声を聞くって最初はすごく恥ずかしいし発音が下手すぎて愕然とすることもあるのですが、数をこなしていけば慣れるし発音もどこを直せば良いのか気付くきっかけになります。

発音は意識的に矯正しなければ綺麗にはならないし、発音ができるようになると英語の全能力(リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング)の底上げに繋がるので、早めのうちに矯正してしまいましょう!

ちーや
僕が発音を独学で矯正した方法は下の記事にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語を話せるようになる人の特徴4:シャドーイングで徹底的にアウトプットしてる

シャドーイングとは
英語音声の通りに英語を真似ていく英語勉強法のこと。

シャドーイングの勉強はすごくシンプルですが、そこから得られる学習効果は主に7つあります。

シャドーイング7つの学習効果
  1. リスニング力が圧倒的に伸びる
  2. スピーキング力が上達する
  3. リーディングスピードが飛躍する
  4. ライティング力が爆発的に伸びる
  5. 発音が綺麗になり、英語が伝わる
  6. イントネーションやアクセントが身につく
  7. 使える英語表現が爆増する

シャドーイングは英語を耳で聞いて実際に発音していく学習法なのでリスニングやスピーキングが伸びるのはもちろんのこと、リーディングやライティングも同時に伸ばす効果があります。

ちーや
英語能力の全てを伸ばせるって、最早最強だよね!
シャドーイングの具体的なやり方やオススメの教材は下の記事にまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

留学で英語を話せるようになる人の特徴5:現地でアルバイトしてる

オーストラリアでは学生であっても週20時間まで働くことができ、時給も20ドルほどなので家賃だけでなく、生活費も賄うことができます。

僕も学生の頃はローカルのカフェで働いた経験があり、英語力も人の繋がりも圧倒的にプラスになることばかりでした。

日本とは少し異なり、オーストラリアのカジュアルなカフェでは働きながらお客さんと話すことをすごく大切にする文化があるので、働いている時はほぼずっと英語で会話していました。カフェで働いたおかげで繋がりはすごく増えたし、それがきっかけでさらに友人の輪が広がることもたくさんありました。

身を置く環境も自分次第でいくらでもプラスに変えることができることを、僕この時、初めて知ることができました。

ちーや
英語環境に強制的に身を置くのも1つの手なんだよね!

留学で英語を話せるようになる人の特徴6:帰宅してからのアウトプット

留学で英語が話せるようになる人は、漏れなく学校以外で英語を使っています。
僕も学校から帰宅した後は「日記アウトプット」という作業を毎晩行い、英語を使う環境を自ら作っていました。

日記アウトプットとは

その日学校で習ったことや1日に経験した出来事などをスマホで録画する日記形式のアウトプット。

最初は使える英単語も表現もすごく少ないので全然言葉が出てこないのですが、数をこなしていくと少しずつ文章が紡げるようになっていきます。

日記アウトプットする時のコツは

  • 日記にする内容をリスト化する
  • 日本語でどのように説明するかを考える
  • 英語に変換する
  • 動画に収める

1発撮りするのもアリなのですが、英語を学びたての頃は英文を作るのに必死で文章そのものが支離滅裂になることが多いので、話し始める前に何を言うのかをリスト化しておくと上手な日記アウトプットになるのでオススメです!

ちーや
慣れがすごく大切になるから、最初はドンドン数をこなしてね!

留学で英語を話せるようになる人の特徴7:英語表現をまとめてる

ワカラナイ英語表現は素通りせず、必ずメモを取るようにしてください。

英語を話せるレベルは、使える英単語や英語表現の幅で決まります。意味を知らないものは使うことができないし、実際に話すこともできませんよね。ネイティヴが使う英語表現は普段使いできることが多いので、「ワカラナイ」を逃さず、その都度調べるようにしてください!

オススメなのは、ワカラナイ英語表現に出くわしたら、その日のうちに使ってしまうこと。

友達に話すでも、カフェの店員との会話で使用しても良いと思います。英語力は触れた頻度+使った回数で決まるので、「ワカラナイ」に出くわしたらすぐに使ってしまうと記憶に残りやすいのです。

ちーや
この表現、なんだっけ?と思ったらすぐに調べて、できるだけ早めに使うことを意識してね!

留学で英語を話せるようになるためのオススメの参考書

ここでは、実際に僕が使用していたオススメの本を5つご紹介します!

ちーや
上で紹介した4つのポイントをおさえてるから、何を使えば良いかわからない人は、ぜひ参考にしてみてね!

留学で英語を話せるようになるおすすめの本1:瞬間英作文

Amazonのベストセラー本ですが、英語を話せるようになりたい人、これから留学を目指す人は絶対に使ってほしい参考書です!

瞬間英作文がおすすめな理由
  1. 自分の考えや想いを自由に伝える力が身に付く
  2. 英語を英語で考えることができるようになる
  3. 使われている英語が簡単
  4. 英語力ゼロからスピーキングを伸ばせる
  5. サクサク進められる

自分の考えを即座に英文にするトレーニングなので英語を英語で考えられるようになり、結果として、自分の考えや想いを自由自在に伝えることができるようになります。

英会話フレーズを覚えるだけではできない深い会話や議論など、英語力の幅を一気に広げてくれる超オススメのアイテムです!

使われている英文がすごく簡単なので英語力ゼロの人でも始められるし、解説が丁寧でわかりやすいので「いつの間にか終わっちゃった…」と感じるくらい、サクサク読み進めることができます!

ちーや
瞬間英作文はアプリもあるから、インストールしておくと隙間時間に勉強できて便利だよ!
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

Beret Publishing Co. INC¥1,200posted withアプリーチ

留学で英語を話せるようになるおすすめの本2:音読パッケージ

僕がシャドーイング学習で最も効果を実感できた1冊です!

音読パッケージがオススメな理由
  1. 英語力を底上げできる
  2. 中学レベルなので超簡単
  3. 非常に飽きにくい
  4. スタディガイドがある
  5. サクサク進む

その名の通り、音読に特化して作られた参考書ですが、シャドーイング学習にもすごく効果的な本です。

使われている英語は中学レベルで、先行リスニングやリピーティング、聴き解きなど、音読以外の学習も取り入れられているので全く飽きません。(←これかなり重要)「何周目は〜回音読する」と言ったスタディガイドが付いているので、ただ取り組むことだけに集中することができます!

スピーキングの基礎固めをするならこの1冊でOKです!

ちーや
留学するとわかるんだけど、日常会話で難しい単語ってほんとに使わないんだよね。基礎をいかに使いこなせるか、なんだ!

留学で英語を話せるようになるおすすめの本3:ネイティヴ英会話フレーズ集

これから留学する人は渡航前に必ず使用してほしい1冊です!

ネイティヴ英会話がおすすめな理由
  1. 反射的に英語が口をついて出るようになる
  2. ネイティヴが使う表現を学べる
  3. 場面別なので使い方がわかる
  4. 英語音声で隙間時間にシャドーイングできる
  5. サクサク進められる

オーストラリアに留学して5年になりますが、この本に載っている表現、マジで使いますwww

これ1冊暗記し、シャドーイングで反射的に口をついて出るまで鍛えておくと、日常生活ではほぼ困ることはないと思います。場面別にフレーズが収録されているので使い方が想像でき、英語音声が付いているので通勤時間などの隙間時間で徹底的にアウトプットすることができます。

フレーズ集なので深い会話ができるわけではありませんが、日常会話のほとんどはこれでカバーできるので、ぜひ使ってみてください!

ちーや
留学前にやっておくとすぐに使える英語ばかりだよ!

留学で英語を話せるようになるおすすめの本4:究極の英語リスニング

英語の音を聞き取るところから始めたい人にオススメの本です!

究極の英語リスニングがおすすめな理由
  1. 使われている英文が超簡単
  2. 自分のレベルに合わせてシャドーイングできる
  3. 必要な部分だけを重点的に聞くことができる
  4. トピックが幅広いので飽きない
  5. Vol.1~4まで全て収録されている

「アルク」が設定する基礎単語12000語のうち、超基礎の1000語だけで構成されたスーパー優しいリスニング教材です!

音声もかなりゆっくりで自分の聞き取れない部分だけをシャドーイングすることができるので、リスニング力も同時に上達していきます!シチュエーション別にいろんなトピックが用意されており、且つレベル別に音声が収録されているので「自分の英語力に合わない…」というミスマッチが起きません。

ちーや
僕が初めてシャドーイングに使った教材なんだ!「究極の英語リスニング」はアプリ版もあって、アプリだと本よりも圧倒的に安いし、いつでもどこでも勉強できるから超おすすめだよ!
究極の英語リスニング【All-in-One版】添削機能つき

究極の英語リスニング【All-in-One版】添削機能つき

PLAYSQUARE INC.¥1,800posted withアプリーチ

留学で英語を話せるようになるおすすめの本5:英語スラッシュリーディングトレーニング

同時通訳のプロが必ず使用する鉄板の参考書です!

英語スラッシュリーディングトレーニングがおすすめな理由
  1. 英語を英語として理解できるようになる
  2. 英語を長文で話せるようになる
  3. 英語の語順のまま英文を作成できるので文法ミスが減る
  4. リスニングが同時に上達する

この参考書そのものはスピーキングというよりはリスニング用として作られたものなのですが、「スラッシュリーディング」という、前から英文を区切って、英語の語順のまま理解するトレーニングなので、スピーキングをする際に英語を英語として考えられるようになります。

英文の補足を後ろに付け足す能力が向上するので、英語を長文で話すこともできるようになる1冊です!

ちーや
同時通訳者用に作られてるから少し上級者向けだけど、それ以外の4つの本を徹底的にこなした人なら余裕で回せるので、ぜひチャレンジしてみてね!

留学で英語が話せるようになるおすすめ英語教材:7+English

僕が留学前の英語勉強で圧倒的にオススメしたいのが、この「7+English」です。

7+Englishがオススメな理由
  • 留学前に圧倒的即戦力が身に付く
  • 英語が口からサッと出てくるようになる
  • 1日20分から英語学習が可能
  • インプットとアウトプットが同時にできる
  • 短時間で大量に使える英語をアウトプットできる
  • 1日に勉強する内容が決まっているので取り組みやすい

これのすごいところは、インプットとアウトプットが同時にできてしまうところ。英語フレーズ集は基本的に覚えて暗記することがメインなので「使う」ことができないというのが欠点ですが、この教材はそれを上手にカバーし、留学先で実際に使える実践力を養えるようプログラムされています。

例えば、僕ら英語勉強中の人は「英語を話す時に先に日本語で考え、英文に置き換えて話す」という過程を通常とおりますが、実際の会話では日本語で考えていては会話スピードに追いつくことができません。このプログラムでは「英語を英語で考える」ことができるよう、「使う」ことに重点を置いて学習プログラムが設計されています。

7+Englishの通常の学習内容
日本語音声→英語音声→倍速再生

これが通常モードですが、このプログラムには続いて復習モードがついており、そこで大量にアウトプットすることができます。

7+Englishの復習モード
日本語音声→空白3秒→英語音声

日本語音声と英語音声の間に3秒間の空白があり、英語の答えが流れる前に英文を言い終えるようトレーニングする仕組みです。これができるようになると「日本語→英語」だった脳内回路が「英語→英語」に変化していくので、英語で話しかけられてもサッと意識せずに英語が出てくるようになります!

(↑僕のスマホの画面↑)

僕はこれを留学の3ヶ月前に購入し、上の写真のようにスマホに入れて隙間時間に大量にアウトプットしていました。確かに1日20分でも効果はかなり期待できますが、僕はすごく不安だったので毎日1時間ずっとこれをやってました。1つの科目は1分程度で終わるので、ほんのちょっとした隙間時間を使いたい人にはすごくオススメです!

オーストラリアに5年生活しているのでわかるのですが、日常の中で使用するフレーズやパターンは基本的に決まっていて、七田式ではそれを60パターンにまとめてあるので1日1パターンを使えるようにするという設定で60日でプログラムされています。

留学前に短期間で「使える英語」を身に付けたい人は、マジで使ってみてください!
60日続けた後、きっと驚くと思います…。

ちーや
留学先で英語で話しかけられた時、これに載ってるフレーズが咄嗟に出てきた時はすごく感動したな…。

留学で英語を話せるようになるなるまでの期間

留学で英語力がどのくらい伸びるのかは人それぞれですが、今回は僕の例をぶっちゃけていこうと思います。

留学での英語力の変化
  • 数日~1ヶ月:日本にいる時と変わらない
  • 1~3ヶ月:少し英語が聞ける、話せるレベル
  • 4ヶ月~半年:リスニング力が伸び、話せることが増える
  • 半年~1年:表現の幅が圧倒的に増える
  • 留学1年以上:大半のことは聞けるし、自分の話したいこともほぼ言える

これはあくまで一例ですが、人によってはもっと伸びる人もいるだろうし、もっと早い段階から話せる人もきっといると思います。留学先でいかに英語環境に飛び込み、どのように過ごすのか、どれだけ英語に触れ、使えるかで英語力の伸びは変わってきます。

全ては、あなた次第なのです!

留学で英語は話せるようになる!

海外 留学 大学

僕は英語力ゼロの状態でオーストラリアに留学しましたが、留学して半年後にメルボルン大学に進学することができました。大学では授業の全てが英語で、毎日ネイティヴとディスカッションをしなければならない傍、プレゼンやエッセイの作成など最初は本当に苦しみましたが、何とか大学を卒業するまでの英語力は身に付けることができました。

留学で、英語は話せるようになるのです!

留学は人生において何度もできるものではないので、しっかり準備して有意義なものにしてください!

ちーや
どれだけ伸びるか、どの程度話せるようになるのかは、どんな目的を持って留学するのかということにも繋がってくるから、下の記事を参考に自分のゴールを明確にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − 9 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)