英語ができない人の9つの特徴!これに当てはまる人は要注意です

ちーや
英語ずっと勉強してるのに英語力が伸びない?なんで英語力伸びていかないんだろう?その理由が知りたい!

このような疑問に答えます。

この記事のポイント
  • 英語が「できる」と「できない」の違い
  • 英語ができない人の9つの特徴
  • 英語が話せるようになるオススメの英語教材6選

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業しましたが、留学当初は英語力が思ったように伸びず、すごく苦労しました。

英語が伸びないと「自分には才能がないのかな」なんて思ってしまいますよね!「もうずっとこのまま伸びないかもしれない・・・」と不安になってしまいますよね!そんな人は、ぜひ見てください!

「英語ができる」と「英語ができない」とは?

僕は「英語ができる」ということを、以下のように考えています。

英語ができるとは?

相手の話を理解し、自分の思いや考えを適切に伝えることのできる能力のこと。

「英語ができる」にも色々あると思いますが、英語は本来、人と人のコミュニケーションを取るための道具です。相手の言っていることが理解できなければ英語ができるとは言えないし、自分の気持ちを伝えることができないこともまた、「英語ができる」からは程遠いのだと思います。

特にこのサイトに訪れている人の多くは留学を考えているのだと思いますが、留学で最も大切になるのは、リスニングやスピーキングなど、人と意思疎通を取る上での「実践的な英語力」です。

この記事でも「実践的な英語力」に重点を置き、英語ができない人の特徴についてお伝えしていきます!

英語ができない人の9つの特徴

ここでは英語ができない人の9つの特徴について、1つずつ掘り下げて解説していきます!自分に当てはまってしまっているかどうか、ぜひチェックしてみてください!

1. 英単語・英文法の基礎が圧倒的に欠落している

これは当然と言えば当然のことですが、英語の基礎力がなければ英語を使うことはできません。どんなに長くて複雑な英文も単語によって構成され、文法というルールに従って並んでいます。

実践的な英語力を身につけるのに、難しい単語を暗記したり、複雑で難解な文法を勉強する必要は一切ありませんが、基礎的な部分が抜けていては英語を使うことそのものが難しくなってしまいます。

英語ができない人は、漏れなく英語の基礎が抜け落ちています。

例外はありません。

英語は単なるテクニックなどではありません。しっかりとした土台の上に大きなビルが建つように、「英語ができる」にも必ずちゃんとした基礎があるのです。

ちーや
中学校1年生レベルの英単語と英文法を、実際に使えるかどうか、今一度確かめてみてね!

2. 英語の音を正しく理解していない

日本の英語教育はリーディングやライティングなど、「文字ベース」での学習に重きが置かれています。「受験」で問われる内容の多くが文字ベースだからです。

学校教育の中で「発音」はあまり重要視されていないので、脳の中に「音のベース」が整っていないのです。

脳内に「英語の音」が正しく形成されていると、英語を英語で理解することに繋がり、日本語に変換することなく英語を使用することができるので、リスニングもスピーキングも伸びていきます。

しかし、日本の学校教育を通して英語を勉強する時、頭の中には自分で勝手に想像して作った「英語の音」を使用して学習を進めていくので、実際の英語に触れた時に全く別物のように聞こえたり、発音してしまったりするのです。

例えば、「This is an apple.」という、中学校1年生で習う超簡単な英文を、正しい発音で言える人はどれくらいいるでしょうか?通常であれば「ディス/イズ/アン/アップル」と、区切りながら発音すると思いますが、これをネイティヴが発音すると、感覚的には「ディスイザンアポー(Dis izan apple)」のように聞こえます。

※カタカナで表記するのはあまりよろしくないのですが、それくらい違うのです。

すごく簡単なものであっても英語の音を正しく理解していなければ、全く異なるように聞こえてしまうし、相手にも自分の言っていることが伝わりません。

「文字ベース」ではなく、「音ベース」で学習を進める必要があるのです!

ちーや
英語の音の聞き取り練習法に関しては、下の記事に詳しくまとめてあるから、合わせてチェックしてみてね!

3. 英語を日本語で理解している

英語ができない人は、漏れなく「英語を日本語で理解」しようとしています。これも例外はありません。

前述の「英語の音」を正しく理解していることが前提にありますが、音のベースが整っていなければ英語の意味を理解することができないので、どうしても日本語のサポートが必要になるからです。

英語の音を聞いて、それを英語として理解しようとする時、脳内では「聴覚分野」と「理解分野」が繋がっていなければならないのですが、日本語で理解しようとしてしまうとこの脳内経路を阻害してしまうため、結果として、いつまで経っても「英語を英語で理解する」ことができなくなってしまいます。

「英語を英語で理解する」ためには、シャドーイングなどを通して「英語→日本語→英語」の日本語で理解するプロセスを排除し、「英語→英語」という「英語脳」に作り変える必要があるのです。

シャドーイングとは
英語音声の通りに英語を真似ていく英語勉強法のこと。

シャドーイングの勉強はすごくシンプルですが、そこから得られる学習効果は主に7つあります。

シャドーイング7つの学習効果
  1. リスニング力が圧倒的に伸びる
  2. スピーキング力が上達する
  3. リーディングスピードが飛躍する
  4. ライティング力が爆発的に伸びる
  5. 発音が綺麗になり、英語が伝わる
  6. イントネーションやアクセントが身につく
  7. 使える英語表現が爆増する

シャドーイングは英語を耳で聞いて実際に発音していく学習法なのでリスニングやスピーキングが伸びるのはもちろんのこと、リーディングやライティングも同時に伸ばす効果があります。

ちーや
英語能力の全てを伸ばせるって、最早最強だよね!
シャドーイングの具体的なやり方やオススメの教材は下の記事にまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

4. 見るだけ、聞き流すだけの勉強しかしていない

実践的な英語力を身につける上ではっきりと断言したいのは、英語を使えるようになるためには、実際に英語を使う必要がある、ということ。

近年、英語学習教材はたくさん世に出回りましたが「見るだけ」とか「聞き流すだけ」の英語教材で、実践的な英語力は身につかないのです。少しだけ以下の図を見てください。

出典元:アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)

この図は学習ピラミッドと呼ばれるもので、どんな学習をした時に実際に使えるようになったかという、知識定着の度合いを図にしたものです。面白いのは、点線で表している上と下の部分。上部の見たり、聞いたりするだけの受け身学習よりも、下部の積極的に使う学習法の方が、圧倒的に学習効率が高いことがわかります。

つまり、見るだけ・聞き流すだけのインプット学習法より、実際に使うアウトプット学習法の方が、実践的な英語力は身に付きやすいのです。

もちろん、アウトプットするためには、アウトプットするためのインプットが必要なのでどちらも大切なのですが、要はバランスです。インプットしたらすぐにアウトプットする!くらいの勢いで「1:1=インプット:アウトプット」を意識して、学習を進めるようにしてください!

5. 同じ英文・英語教材を使用していない

これは僕もやってしまっていたことですが、英語ができない人は決まって色んな英語教材に手を出してしまっています。特にリスニング教材などは同じ音声を聞いているとどうしても飽きてしまうんですよね。

ちーや
もうこの教材は完璧に聞き取れるようになったから、次に行こうかな・・・

と、新しい刺激を求めて浮気してしまうのです。

でも、英語力は同じ英文を聞き続けたり、シャドウイングし続ける方が脳科学的に伸びやすい、と言われています。「完璧に聞ける!」「もう暗唱できるくらいシャドウイングした!」という場合でも、継続して同じ英文を使用する方が、英語力は伸びていくのです。

ただし、僕はすごく怠惰な人間なので、どうしても英語学習のモチベが上がらないことがあるのですが、そういう時はすでにリスニングしまくって聞き取れない音は一切ない音声をずっと聞いたり、顎が外れるまでシャドウイングした英文を暗唱したりなど、気持ちが乗らない時にうまく利用しています。

取り組む時のハードルがかなり低いからです。

同じものを続けすぎることも英語学習のモチベを下げることになってしまうので、できる限り同じものを継続しつつ、少しずつ新しいものを取り入れるようにしていってください!

6. 日本語能力の不足

脳科学的に、日本語で話し下手な人は、英語においても上手に話すことができない、と言われています。

難しい英単語をどれだけ暗記し、複雑な英文を使っていろんな表現を覚えたとしても、日本語で言えないことは英語でも話すことができません。これは、「考えること」自体が、脳内で日本語と英語で共通しているからです。

スピーキングを向上させるためには脳内の聴覚分野と伝達分野が神経で繋がっている必要があるのですが、脳科学ではこのことをフォノロジカルループと呼んでいます。英語を話す時も日本語で会話する時も、このフォノロジカルループの回路は同じものが使用されるため、日本語で論理的に話せない人は、英語でも同様に話せないのです。

 

これに当てはまる人は、まず日本語で何を言いたいのか、話の内容を論理的に組み立て、そこから英語でどのように説明すれば良いのかを考えてみてください!

日本語の思考力は、そのまま英語力での思考力に直結し、英語力もまた伸びていきます!

7. 英語の先に目的がない

英語は終わりのない旅路だと言われています。どこまで突き進んでも良いし、いつ、どの場所で辞めたって良い。ただし、旅を辞めた場所に目的がなければ、結局は辞める意味もありません。

これまでいろんな人に出会いましたが、ゴールや目標なく英語を学ぶ人がすごく多い。「英語ができない」という危機感に近いコンプレックスと、その火に油を注いで炎上させるビジネス業界の影響によるものなのかなと思ったりします。

英語をできるようになりたいけど、やり方がわからない。簡単な方法はないものかと躍起になって探す。そこに「聞き流すだけ」という謳い文句で歩み寄る。「いずれグローバル化し、英語が必要になるから、英語力がないと生き抜けないよ」と。

でも、この時代の勢いに乗って旅に出たとして、その終着点はどこでしょうか?
また、どこかに辿り着いたとして、そこで何をするのでしょうか?

英語が超できるようになれ!とか、立派な夢を持て!とか、そんな説教を垂れるつもりはありません。

ただ、ほんの小さな、些細なことでも良いから、英語を使って、これまで自分が夢にも思わなかった、手の届かないと思っていたものを掴みに行くような、そんな意志が必要なんじゃないかな、と。

英語を使えるようになると可能性は大きく広がります。取れる選択肢も格段に多くなります。

  • 英語ができるようになったら、何がしたいですか?
  • 英語を使えるようになったら、どんな未来が待っていますか?
  • 今以上に笑って、誰かと喜びを共有して、人生をもっと楽しんでいますか?

英語学習=自分探しの旅」だと僕は思っていて、理想の自分に会いに行く旅でもあると思っています。なりたい自分を想像し、そこに英語がどんな役割を果たすのか、今一度考えてみてください!

8. 興味関心のあることから英語を勉強していない

何か自分の好きなことをする時、時間があっという間に過ぎていた、みたいな経験を誰しもしたことがあると思います。自分の興味関心あることであればいくらでも継続できるし、そうでない場合はいつまで経っても時間が進まない、終わらない、みたいな経験をしたこともきっとあると思います。

脳は自分の好きなことや、興味関心のあることに関しては積極的に吸収しようとする特性があります。「好きこそ物の上手なれ」とはよく言いますが、英語学習においても「好き」だったり「ワクワク」を取り入れることで、学習効率はすごく上がるのです。

僕の場合、ビジネスの話はすごく大好きで、マーケティングやマネジメントテクニックなど、それがたとえ英語であったとしても全く苦ではありません。

「英語を学ぶ」のではなく、「英語で好きなことを学ぶ」感覚に切り替えると、英語力も同時並行で伸びていきます。

ちーや
英語学習を楽しみながら、英語力も一緒に伸ばしていってね!

9. 間違えをプラスに転換できない

僕ら日本人には「恥の文化」があります。英語力を伸ばそう!とした時に大きな障害となるのが、この「恥」です。

「間違うこと=恥ずかしい」という、失敗に対する恐怖心が「英語を使う」ことの壁になっていると思うのです。

実際、周りに日本人がいたら「変な発音して笑われたらどうしよう」とか「間違った英語使ったら恥ずかしい」など、周りの目を気にしてしまいますよね。僕も最初は恥ずかしくて、人前で英語を話すことが中々できませんでした。

でも、英語を話せるようになるためには実際に英語を使う必要があるし、そもそも失敗せずに英語力が伸びるわけがないのです。いきなり完璧に英語を話せる人なんていないし、仮にネイティヴであっても英語は間違えます。僕もわからない漢字がたくさんあるし、知らない表現が日本語であってもたくさんあります。

間違えてしまったら次回正しく使えば良いし、間違えて失うものなんてありませんよね。

それよりも、恥ずかしさのあまり言葉をはっきり発音しない、声が小さい、目を合わせないことの方が、外国人にとっては変に捉えられます。

間違うことは、決して悪いことではないのです!

英語を話せるようになりたい!独学勉強法3つのステップ

英語 独学

英語を独学で話せるようになるためには以下3つのステップが必要になります。

英語を話すための3つのステップ
  1. 基礎固め(単語・文法、発音)
  2. 膨大なインプット
  3. 圧倒的なアウトプット

1つずつ具体的に解説していきます!

英語を話せるようになるための独学ステップ1:英語の基礎固め(単語・文法・発音)

英語はどんなに長い文章でも単語という語句によって構成され、文法というルールに則って並べられています。単語が欠落すれば表現できることは限られてしまうし、文法力が不足していれば気持ちそのものが伝わらなくなってしまいます。

地盤が緩みまくった土地に高層ビルは建てられないように、英語の勉強においても基礎という土台をしっかりと固めることが本当に重要なのです!英語を話せるようになる上で難しい単語や文法は必要ないので、まずは中学レベルをマスターするところからはじめて見てください!

ちーや
僕がやっていた勉強方法は下の記事にまとめてあるから、ぜひ参考にしてみてね!

英語 独学 勉強法

そして、英語を話せるようになる上でとても大切なのが、発音。
「英語を話す」時は、以下3つの過程を通ります。

  1. 頭の中にある情報を引き出し
  2. 英文を組み立て
  3. 実際に口に出して話す

単語や文法を脳内で作れたとしても実際にそれを口にできなければ話せたことにはなりませんよね!発音が欠落すると伝わるものも伝わらなくなるし、意識しなければ矯正できるものではないので、単語を覚える時に合わせてトレーニングしていきましょう!

ちーや
僕が発音を独学で矯正した方法は下の記事にまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

英語を話せるようになるための独学ステップ2:膨大なインプット

英語におけるインプットとは

リーディングやリスニングなど、目や耳を使って英語の情報を頭の中にいれること。

英語 インプット アウトプット

この画像は「どれだけ話せるか」という範囲のようなものを簡単に示した図ですが、僕らが話せる範囲は頭の中にある情報量(インプット)以上になることはありません。

つまり、頭の中にないことは、話せないのです。

〜英語学習におけるインプットの重要性〜」でも詳しく解説していますが、インプットを膨大に行うと「予測文法力」が身につくことがアメリカの言語学者スティーブン・クラッシェン(Stephen Krashen)の研究で分かっています。

予測文法力
予測文法力とは、英文を見たり聞いたりした時に、次に何が来るのかがわかるようになること。
 

予測文法力は英語を話す際にもすごく重要だと思っていて、日本語を話す時って文法なんて意識しないですよね。それは感覚的に「こう話せば自然(正しい)」という予測が頭の中にできているので、いちいち考える必要がないからです。

英語も同様に、何回も見聞きした英文は意識しなくても「あ、次はこれが来るな」とわかるので、英語を話す際にも英文法を意識せずに話す土台となるのです。

ちーや
頭の中にないものは話せないから、まずは頭に入れることが大切なんだよね!

英語を独学で話せるようになりたい人にオススメのインプット方法:多読

英語を話せるようになりたい人にオススメの独学インプット法は、多読です。
多読には以下4つの学習効果があります。

英語多読4つのメリット
  1. 自然な英語表現が身に付く
  2. 英文の推測能力が身に付く
  3. リスニング力が同時に伸びる
  4. 英語を英語で理解できるようになる

英語を話す上で特に注目すべきは、1と4。多読を繰り返すことで実際に使える英語表現が身に付くので「ネイティヴはそんなこと言わないよ?」みたいなことがおきません。

また、英語を話す時に日本語が混じってしまうとスピード感が出ず、詰まってしまいますよね。英語を話す時は、英語で考えて瞬時に英文を作り、話すことが求められるので、「日本語」を頭の中から取っ払う必要があるのです。

多読を行うと何度も同じ単語、フレーズに触れることになるので、日本語の解釈が次第に入らなくなり、結果として、「英語→英語」の思考回路になります。

ちーや
多読の効果的な学習方法とオススメの教材に関しては下の記事に詳しくまとめてあるので、ぜひ合わせてチェックしてみてね!

英語を話せるようになるための独学ステップ3:圧倒的なアウトプット

(出典:National Training Labaratory)

そして英語を話せるようになるために必要なのが、アウトプットです。

この図はどのような学習を行った時に一番学習効果が高いのかを示したもので「学習ピラミッド」と呼ばれているものですが、注目すべきは点線で引かれた上と下の部分。見たり・聞いたりするインプット学習よりも、実際にその知識を使ったり人に教えるなどを通したアウトプット学習の方が圧倒的に効果が高いことがわかりますよね。

英語を独学で話せるようになるためには、徹底的に英語を「使う」必要があるのです。

英語 独学 勉強法

これは俗に「アウトプット仮説」と呼ばれているものですが、簡単に言えば、「使う練習」のことです。

例えば、ウサインボルトがなぜあんなに高速で走れるのかを知っていても、実際に走れるわけではないですよね。何度も走り込みを重ねた結果なのは火を見るよりも明らかです。

英語においても使わなければ話せるようにはならないし、それは独学で勉強しても達成可能です。

英語を独学で話せるようになるかどうかは、どれだけインプットし、どれほどアウトプットできるかがとても大切なのです!

英語を話せるようになりたい人にオススメの独学アウトプット法:シャドーイング

シャドーイングの学習効果は以下7つです。

シャドーイング7つの効果
  1. リスニング力が伸びる
  2. スピーキング力が飛躍する
  3. リーディングスピードが上達する
  4. ライティング力が爆発的に伸びる
  5. 発音が綺麗になる
  6. イントネーションやアクセントが身に付く
  7. 使える英単語・英語表現が増える

シャドーイングを行うと英語能力の全技能が伸びていきますが、実際に聞いて、そのまま話すシャドーイングは前述のインプットとアウトプットを同時に行うので、脳の英語を司る分野全てを刺激することになり、結果として英語力が爆伸びします。

僕の留学当初の英語力は本当にゼロでホストマザーとまともに会話することができませんでしたが、シャドーイングを毎日2時間継続した結果、半年後にはメルボルン大学に進学することができました。

ただ聞いて、真似るだけのシャドーイングですが、その効果は本当に絶大です。英語を独学で話せるようになりたい人は、シャドーイングを圧倒的にオススメします!

ちーや
英語能力の全てを伸ばせるって、最早最強だよね!
シャドーイングの具体的なやり方やオススメの教材は下の記事にまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

英語ができない人は、自分の特徴を理解して伸ばす!

僕も留学当初は英語が思ったように伸びなくて何度も日本に帰りたくなりましたが、英語力が伸びない原因が何なのかを考えることで、少しずつ英語力の階段を登ることができました。

「英語ができない」には原因があるし、「英語ができる」にもまた理由があります。

ご自身の弱点を見つけて、一歩一歩前に進んでくださいね!

ちーや
僕が独学で英語を話せるようになった時に使用した英語教材に関しては下の記事にまとめてあるから、合わせて参考にしてみてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)