オーストラリア留学で訛りが気になるあなたへ。英語の訛りは、個性である

ちーや
オーストラリアに留学したいけど訛りが気になる!留学中にオージー英語に訛るのかな?実際の話が知りたい!

こんな疑問に答えます!

この記事のポイント
  • オーストラリアに留学すると訛るの?
  • オーストラリア訛りってそもそも何?
  • 知っておくべきオージースラング
  • オーストラリアで英語を学ぶメリット

僕はオーストラリアのメルボルン大学に進学・卒業し、メルボルンでの在住歴は5年になります。

オーストラリアの英語って特殊なので「英語の勉強になるのかな?」と考えてしまいますよね!「オーストラリア訛りが身に付いたらどうしよう…」と不安になりますよね!そんな人は、ぜひ見てください!

オーストラリアに留学すると訛る?

結論から言うと、オーストラリアに留学したからと言って、訛りません!

ワーキングホリデーや語学留学、そして大学留学も含め、そう簡単に訛ることってそんなにないんです。例えば、どの留学形式であっても多くの人が語学学校に通いますが、留学前は語学学校の先生たちみんなが「How ya goen, mate?」と、バリバリのオージーイングリッシュを使うんじゃないかと考えますよね?

でも実際は、語学学校の先生たちも様々で、アメリカ人の先生もいれば、イギリス人の先生もいます。そしてもしオーストラリア人の先生だったとしても、オーストラリア訛りを使うことはほとんどありません。語学学校の先生はかなり厳しい要件を満たす人でなければ働くことができないため、教師陣の教育スキルはかなり高いものがあります。

語学学校では僕らが日本の学校で習ってきたような、いわゆる「標準」と呼ばれる英語を学ぶので、留学したからと言ってオージー訛りになるわけではないのです。

オーストラリア英語の訛りとは?

オーストラリアは元々イギリスの植民地だったこと、そしてイギリスからの移民が多かったことからイギリス英語の影響を大きく受けていますが、オーストラリア独自に発展した英語もあり、特殊なケースもたくさんあります。ここではオーストラリア英語の特徴的な訛りについてご紹介します!

A[ei]の発音が[ai]に近い発音になる

一番特徴的なのはこの音の変化です。僕が初めてホストマザーに出会った時、こんな会話をしたのを今でも覚えています。

マザー
Chihaya, we are going to have dinner with you today, alright?

一見すると普通の英文に見えますが、僕にはこんな感じに聞こえていました。

マザー
Chihaya, we are going to have dinner with you TO DIE, alright?

いいわけがないwww
すぐさま聞き返し、何度かやり取りをしてようやく理解できましたが、ぶっちゃけ本当にビビりました。笑

オーストラリア英語とアメリカ英語ではこれがよくジョークにされますが、当時の僕はそのことを知らなかったので、すごく困惑した留学初日でした。

A(ei)の発音が(ai)になる例
  • Today→トゥダイ
  • Pay→パイ
  • Take→タイク
  • Place→プライス
  • Name→ナイム

Rをあまり強く発生しない

アメリカ英語は舌を巻いてRを強めに発音しますが、オーストラリアではそこまで強くは発音しません。

例えば、アメリカではWhereという単語は「ウェア」と、下を丸めてRの発音を強調しますが、オーストラリアでは「ウェー」のように流れます。カタカナ発音は英語学習においてはあまりよろしくないのですが、それくらい違います。

Rの発音は日本語にはない音なので、オーストラリア英語の方が日本人にとっては結構耳に馴染みやすい音だったりします。

Rを強く発音しない例
  • Where
  • Care
  • Hair
  • Fair
  • Rare

語尾にieが付く

そしてオーストラリアスラングの代表的な特徴でもある、語尾に「ie」がつくケース。正直これが一番厄介です。上記2つの特徴は音を聞けば脳内で自動変換することができますが、これに関しては知っていなければ意味が理解できないので、一発K.O.です。

例えば、僕は以前、ローカルのカフェで働いていたのですが、そこに来たお客さんにこんなことを言われました。

お客
Can I please get the CHOKKIE in the pot?
(瓶の中に入ってる”チョッキー”もらえる?)

はい、「チョッキー」です。最初は服のチョッキのことかと思ったし、チョッキーという僕の知らない食べ物があるのかと勝手に想像していましたが、彼女が言っていたのは「チョコレート」のこと。

オーストラリア英語はいろんなものの総称の後ろに「ie」を付けて、ちょっと可愛くする傾向にあるのです。

その他にも朝食「Breakfast」を「Brekkie(ブレッキー)」にしたり、サングラス「Sunglasses」のことを「Sunnies(サニーズ)」と呼ぶこともあります。知らなければ話の内容がわからないことも少なくないので、よく使われるものだけは覚えておく必要があります。

語尾がieで終わるスラング
  • Breakfast→Brekkie
  • Sunglasses→Sunnies
  • BBQ→Barbie
  • Chocolate→Chokie
  • Biscuits→Bikkie
  • Cigarette→Cigi

オーストラリア留学で知っておくべき英語スラング

語尾が「ie」で終わる言葉以外にもいくつか知っておいた方が良いスラングがあります。ここではオーストラリア留学で日常的によく使うスラングをご紹介します。ここで紹介するスラングはほんの一部ですが、知っておけば日常生活の大半の内容はわかるようになります!

よく使われるオーストラリアスラング
  • Bizzo→Business
  • Ambo→Ambalance
  • Relo→Relative
  • Servo→Petrol Station
  • Vego→Vegetarian
  • Smoko→place to smoke
  • Arvo→Afternoon
  • Evo→Evening
  • Avo→Avocado
  • Vegies→Vegetables
  • Ta→Thank you
  • Heaps→a lot/many
  • Cuppa→ a cup of
  • Mozzie→Mosquito

オーストラリア留学で英語を学ぶメリット

オーストラリア留学で英語を学ぶと以下2つのメリットがあります。

オーストラリア留学で英語を学ぶメリット
  • アクセントは個性
  • いろんなアクセントに触れることができる

日本人の中には自分の発音が気になって中々英語が話せない人がたくさんいますが、オーストラリアは人種のるつぼなので、発音を気にする人はほとんどいません。

僕が以前働いていたカフェではいろんな国籍の人が働いていて、様々なアクセントが飛び交っていました。アクセントは個性として捉えられるので会話が広がりやすいし、それがきっかけで友達の輪が広がることもたくさんあります。

多文化が共存しているこの国だからこそ、英語の多様性にも理解も深い。

シャイな人ほどオーストラリアに留学すべきだと思っています。

また、オーストラリアにはいろんな国からの留学生がたくさんいるので、いろんなアクセントに触れることができます。そしてそのアクセント裏には文化的背景が含まれていることが多く、多文化に触れる良い機会にもなります。

人によっては訛りやアクセントをアイデンティティにしている人もたくさんいて、多様性が混在しているので、自分もまた「自分」でいて良いのだということに気付くことが

アクセントは、「個性」なのです。

オーストラリア留学で訛りが身に付いたら超すごい

オーストラリア留学する上で心に留めておいてほしいのは、「あなたの英語、オーストラリア訛りだね」は褒め言葉である、ということ。

訛りを習得するって実はすごく難しく、訛りが気になる時点で英語レベルはかなり高いものになっています。「訛ってるね」と言われることは、つまり、「英語力が高い」と言われているようなもの。

決して悪いことではないのです。

英語力が高くなればなるほど訛りなんてものは気にならなくなるし、「気にする」を通り越して愛着が湧いていきます。オーストラリアに留学するメリットはたくさんあるので、ぜひ挑戦してみてください!

ちなみにですが、僕が留学中に英語力を伸ばした勉強法に関しては以下の記事に詳しくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 8 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)